上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

癒しの信州紀行~安曇野カフェめぐり~

さて。白馬•岩岳高山植物を出てからは、

大大大~好きな安曇野へ!!











BGM『Norwegian wood~ノルウェイの森~』

︎雨の日の森の中にぴったりのビートルズのアルバム『Rubber Soul』から、特にアンニュイなこの曲を聴いておりました!!





安曇野はちょうど1年ぶりです。2013年も7月に来ました!!

そのときの記事。





『ナチュラルヒーリングガーデン♪』



『ナチュラルヒーリングガーデン②』



『ナチュラルヒーリングガーデン③』



『アロマとハーブのある生活』



『安曇野ちひろ美術館と蕎麦』



『絵本美術館~森のおうち~』





安曇野は何年も前から憧れの場所でしたけど、

去年来てからその魅力にますますとりつかれ、ずっと再訪を待ち望んでいました!!





でも今回の旅のおかげで白馬も同じぐらい好きになってしまいました。

(いや、時にそれ以上かも!!)

白馬はよりアウトドアでスポーティなイメージがあって、
自然の険しさや威厳、崇高で気高い美しさを感じるような場所だし、
安曇野はよりアーティスティックでオシャレなカフェやマクロビなどのベジタリアン、オーガニックなイメージが強くて、どちらもそれぞれの文化の良さを感じます。


さて。今回はまた、去年も訪れたカフェ『シャロム』さんに1年ぶりに行ってきました。
(母や弟は秋に行ったりしてるらしいです。週末気ままに安曇野、白馬を悠々自適に巡れる生活、うらやましーーー!!)


『マクロビオティックのカフェ』⬅︎去年の日記より!




細かいお店の詳細は去年も書いたので割愛させていただきますが!
今回は遅めに来店したので、お目当てのハーブピザは大好評につき売り切れ、
ワンプレートランチも1人前しか残っておらず、あとはカレーとパスタでした。


大人気のお店なので、予約をして行くか、早めの来店をおすすめします!!



続いて、弟が勧めてくれた『カフェ ガルニ』さん。



ここもまたすっごく雰囲気が素敵なのです。森の香りが辺り一面に立ち込める。
檜みたいな樹木の香り。しとしとと降り注ぐ雨がまたマイナスイオン的な効果を発していて、
普段なら憂鬱に思える雨も、外界を遮断するような厚い滝のように感じ、
文学的、芸術的な美しさに変わる。

雨の安曇野も悪くないなぁーなんて言いながらミルクティを飲みます。
ここは紅茶が美味しいみたい♪


こんなところで一人で休日にのんびりと物思いに耽ってみたいな。
文学的芸術的な才能が目覚めそう!!!


つまり一人で物思いにふけられるだけの時間と心のゆとりが欲しいってこと!!



続いて向かったのは安曇野ハーブスクエア。



ここもずっと昔から行ってみたかったところ♪



大好きなブランド、『ラ•カスタ』さんの商品も揃ってます。
ブログも載せましたが、ここの工場やガーデンは安曇野にあるナチュラルヒーリングガーデンです!!




アロマやハーブの本もたくさん!!!すきなひと(私も含まれる)にはたまりません!!
持ってる本もいくつかありました。
ゆうこりんにもらった、中世ヨーロッパの修道院の薬草(ハーブやアロマの起源)を取り扱った本もありました!!
テンションがあがるううぅー!!






しみやそばかす、美白や美肌などから便秘解消、貧血、むくみ、ダイエット、
眼精疲労などなど、テーマに分けられてブレンドされたハーブティー。


私も眼精疲労用のアントシアニンやビタミンAたっぷりのハーブティーを買いました。
ハーブティーは飲み続けることに意味があるので
『ハーブティーを飲む生活』
がんばって飲み続けたいと思いますっっっ!!


そんなこんなで3日目もあっという間に終わっていきました。。。



一夜明けて4日目!!!

この日はお昼3時ごろまで長野市内にいたのですが、
帰りがけにやっぱりまた安曇野に行きたいね、ということになって、


1年以上前から気になっていたカフェ『7ヶ月』さんへ行ってきました。



ハンドメイドの雑貨なども売っていて、とても可愛らしいカフェです。
ここで谷川俊太郎の詩集を読みながらブルーベリーソーダを飲む。
なんて贅沢で実りある時間でしょう♪


谷川俊太郎さんの詩集、小中学生の頃から大好きでよく読んでいました。
小学生の頃、教室の後ろにある学級文庫の本棚から谷川俊太郎さんの詩集を取り出して
わくわくしながらページをめくっていたのを覚えています。


なんというか、ちっぽけで取るに足りない自分自身の世界を、
自分に触れているすべてのもの、すなわち空や大地や風や空気、自然をひっくるめて
こんなに壮大で大きな地球、宇宙、時空の中で生きているんだよということを
子供の私に教えてくれた人のような気がする。


もちろん、中学生のときに散々歌って聞いた、谷川俊太郎さんの作詩のこの『春に』という曲も大好きです。

なんて素敵な詩を書くのだろうと思春期のときに感動しきりだったのを覚えています。


゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.: ゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:


『春に』⬅︎BGMはこちらをクリック!


この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地から足の裏を伝わって
この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
ぼくの腹へ胸へそしてのどへ
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

枝の先のふくらんだ
新芽が心をつつく
喜びだしかし悲しみでもある
苛立ちだしかも安らぎがある
憧れだそして怒りが隠れている
心のダムに堰き止められ
よどみ渦巻きせめぎ合い
今あふれようとする

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
明日と 明後日が一度に来るといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩き続けたい
そのくせじっとしていたい
この草の上でじっとしていたい
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう





゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.: ゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:


また、大好きだった詩もあったんだけどなぁーーー!思い出せない!!
小学生の頃、学級文庫から何度も何度も読み返した作品。
あれは子供向けだったのかな??
地球がまわって太陽系が回って、太陽系が銀河系をまわってるから、
今頭上にある空だか雲はもう二度と生きてる間にお目にかかることができない、ってやつ。
なるほどなぁーと子供ながらに感銘を受けました。
うーんどんなタイトルなんだーーー?!どなたか分かったらおしえてください!!
もはや谷川俊太郎さんだかも怪しくなってきた!!!!



中学一年生のときに授業でやった『朝のリレー』もすごくすきでした。
谷川俊太郎さんの言葉、いいなぁ。
あとは余談ですけど『相田みつを美術館』に行ってから
相田みつをさんのお言葉も大好きです。











…話を戻して谷川俊太郎さんのこの詩も有名ですよね。大好き!!



゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.: ゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:

生きる   
                                     谷川俊太郎
生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ


いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ


いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ



人は愛するということ


あなたの手のぬくみ

いのちということ


゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.: ゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:


今回の7ヶ月さんに置いてあった詩集も『朝』や『夕焼け』というそれぞれの本になってた!!
おもしろい!!!安曇野でこんな感性の栄養を蓄えられるなんて。。。最高すぎる!!!


ちなみに今回のもこんな感じ。






なにげない日常が特別なものに変わる。そんな表現がとても好き。
だけどなんだかな。久しぶりに読んでみたら、以前はシンプルなリズム感や
子供でもまっすぐに入ってくるようなときめくフレーズできらきら輝いていたのに、
なんだか原発問題や震災以後だと思われる作風が、
すこし難しくてお硬くて、しかめっ面じゃないと読めないような作風に変わっていた。
悩ましげな感じ。。。あんなに壮大で素敵すぎたのに。

ちょっとざんねーん。



ところで!この7ヶ月のオーナーご夫婦さんは愛知県のご出身とかで、
地元トークで思わず盛り上がってしまいました。とっても気さくで温かいご夫婦で、
今度はもっとゆっくり来たいなぁ。。。



安曇野は素敵なカフェが多すぎる!!!全部巡りたい!!

しかも一回じゃ飽き足らず、リピーターになりたい。

時間がどれだけあっても足りないです。




後ろ髪引かれながら、今回の信州紀行は幕を閉じました。。。寂しい!!


また来たいものです。









スポンサーサイト