上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横浜トリエンナーレ2014☆



今日は祖母とアートの祭典・横浜トリエンナーレ2014に行ってきました。





※赤レンガ倉庫前にて※







ランドマークタワーに宿泊してたのですが、そこから赤レンガ倉庫まで歩いて。

結構遠かったーーーー!!









横浜トリエンナーレは2011年にも行ってるので3年ぶり。



当時のBlog➡︎『横浜トリエンナーレ』





あいちトリエンナーレは2013年。去年制覇してきました。



『あいちトリエンナーレを振り返る』









今回のテーマは

『世界の中心には忘却の海がある』







『忘却』されたものが脚光を浴びております。

すなわち、世の中で忘れ去られているもの。

情報や記憶では捉えきれないようなものを敢えてカタチに表すことに挑戦しているのです。

沈黙やささやき、無、死、カオス、がらくた、ゴミ箱、帰郷、、、、

そして光と。





このようなものが取りこぼしなく拾い集められて、『アート』にまで高められるのは

素敵です!!







まずは新港会場

















祖母はただ一言。





『…わけわからん。』





だそうです。(笑)

暗い映像の部屋にいたっては、

わたしゃ暗いところは空襲を思い出して怖いんじゃ!!!

と言ってました。



なるほど。。。。



だからいつもあんなに夜道を嫌がっているのか。(昨夜も。)









その後は横浜美術館までシャトルバスで移動ー!!







横浜美術館は私が小学二年生のときに生まれて初めて来た美術館です!!




すっごく刺激的でテーマパークみたいにワクワクした記憶があります。

遠足できて、ワークショップにも参加したのですが、あまりにも楽しかったので

その後ベビーカーの末っ子を始め、私の要求で家族5人で再び訪れた場所でもあります。












ここでも『語られざるもの、見えないもの、見たくないもの、とるにたらないもの、
役に立たないもの、失敗や敗北、沈黙、ささやき』がスポットライトを浴びています。



中でも今回の目玉はこのゴミ箱!(笑)








美術館の中心に突如として現れた巨大ゴミ箱!(笑)
アートのがらくたが捨てられている…という作品です。


ゴミ箱なんて普段は片隅に追いやられて、要らないものを捨てるだけのものなのにね。
それがどれだけ重要で大切な役割なのか誰もそのことに気づかずに、
片隅に忘れ去られてる。脚光を浴びることもなく。


そんなゴミ箱のすさまじいエネルギーを感じました(笑)


個人的に好きだったのは、このところどころに現れるバルーンの塔。



※祖母がさっきからアートの一部になりそうなほど、写真の中でいい味を出している(笑)



この風船、どうやってくっついているのかわかりません。
祖母が覗き込みたくなる心境もわかります!!


それから私も気になっているジョンケージ





彼の関わっていた前衛芸術団体のフルクサスも気になるし、
なにより彼の『4分33秒』という音楽作品を初めて知ったときには度肝を抜かれた。


4分33秒間、ピアノの前で沈黙を貫き、そこでザワザワする観客の音や声、
音の鳴らない舞台、それがすべて作品だ、というもの。



こういうひと、好きです。









…しかし何かな。
今回のテーマ、とてもいいんですけど、
結構好きなんですけど、
綺麗さや可愛さが失われちゃってるな作品に。
もちろんそうでないものもありますけれども。

とるにたりないようなものを愛情でもって拾い上げていくのがアートなのに。
クスッと笑っちゃうようなユーモアやときめき、
そう愛、愛が感じられないんだよ。全体的にね。


だからちょっとトキメキに欠けたトリエンナーレでした。



感情揺さぶられるような現代アートを求めます!!!





祖母を連れ回してしまって申し訳なかったなぁ(苦笑)
もう80歳!!!こんなに歩き回っても元気!!!素晴らしい我が祖母!!でした。





明日から4日間京都に旅立ちまーす!
スポンサーサイト
[ 2014/10/30 23:42 ] アート | TB(0) | CM(0)