上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アムリタ食堂。









吉祥寺紹介。


トドメは、アジアンな雰囲気満載の、


『アムリタ食堂』




でございますっ。



壁というよりも
ビニールシートで覆われ、半分スケルトン状態の掘っ建て小屋からは明かりが漏れ、
まるで東南アジアの大衆食堂のような賑わいが、外からもプンプン感じられました。

d0133704_16502442.jpg


我々も、思わず吸い寄せられるように中へ…(笑)




このblogでも以前に書きましたが、
最近、私の近辺にはタイ人、タイ料理率が非常に高いんです。


タイ人と友達になったり、
知人にタイ料理を作ってもらったり、
池袋や渋谷でもタイ料理屋さんに入ったり、
大阪でもタイ料理屋さん飲み会に参加したり、
名古屋駅西口裏でも、隠れ家的なアジアンフード屋さんに入ったり、
そんなこんなで私自身もタイカレーや春雨サラダなどを家庭で作ったり、


とにかく、タイ率が非常~~~~に高い昨今に、またもや出会ってしまいましたタイ料理屋さん。




これは入るっきゃない!!





店内は、
インテリアも異国の香りプンプンで、
シュールレアリズムな作品の数々を展示した個展もやっており、
やはりこちらもディテールがいちいち面白い♪


普段はライブもやっているモヨウです。



ゆうこりんも私も、
吉祥寺の独特な世界にすっかりと感化され、
大満足に浸りながら、シンハービールとナンプラーなどなど、タイ料理を堪能しました。

img82a00b42zik9zj.jpg


一年間の小笠原諸島での生活を経て、
東京に戻ったばかりの、感覚が自然児並に研ぎ澄まされているゆうこりん(笑)との久しぶりの再会。


彼女と会うのに、気軽で無難に、近くの池袋や便利な新宿、渋谷あたりで済ませたくない、というこだわりがありました。



なので、
普段お互いにあまり遠くて足を運ばないような吉祥寺を選んだわけですが、


一日本当に本当に楽しくて、
見るもの手に触れるもの全てが刺激的で、
吉祥寺に来て大満足!
一緒にいたのが、ゆうこりんで本当に大正解!!




ゆうこりんとの出会いは、
二年前に苗場のフジロックフェスティバルに泊まり込みスタッフとして派遣されたとき。


一緒に早朝に原宿駅前で集合し、
偶然にもバスで隣になったことがすべて始まりでした。


五泊六日で同じ部屋で過ごし、

同じ夜勤チームとして、
野外音楽フェスの怪しげなムード漂う夜の番人として、ハイテンションに過ごしました。

それはもう、爆笑・爆笑・爆笑・爆笑・爆笑…の嵐。



朝、仕事が終わると、
ボヨンボヨンの目をしながら、缶ビールで乾杯をし、

朝の天然温泉で本気語りをする。


そうして再びやってくる夜に備えて、昼の間は眠るかと思いきや、



どっこい!
昼間はフェスのライブを観に会場で大暴れをするという、

なんとも自由な日々を一緒に過ごした友達(笑)




スタッフとして参加した当初は、
まさかこんなに感性がどこまでもシックリいくような、
友達に巡り会えるとは考えもしなかったので、
本当な驚きです。





フジロック2010の思い出はこちら↓

『フジロックフェスティバル2010!!』
http://chatotone.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
『フジロック・キャンプサイトの思い出』
http://chatotone.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
『フジロック2010のおもひで♪』
http://chatotone.blog.fc2.com/blog-entry-118.html




ゆうこりんとは笑いのツボだけじゃなく、
話しているときの感覚、フィーリングが本当に家族や双子のようにマッチするから不思議。



フジロックフェス後も早大祭に遊びに行ったり、

彼女が小笠原に行ってしまった一年間はなかなか会うことができなくて寂しかったけれど
(一度だけ名古屋駅前で会ったね~)





小笠原から帰ってきてからは、
吉祥寺以外にも、
柴又や亀有、
御茶ノ水や神保町で会ったり、
大阪の梅田で会ったり、


いろんなところに一緒に行きました♪



その後、すぐに和歌山に行ってしまったり、
東京に戻ったり相変わらず移動を繰り返すゆうこりんを掴まえるのは大変だけど(笑)


一緒にいてすごく楽しい、以上に何かを与えてもらえる友達と出会えた我が運命に、心から感謝。



あのフジロックに行かなければ出会っていなかったと思うと、考えるだけで恐ろしいです。。。。

ゆうこりんと一緒にいると、エネルギーの流れが整うというか、純粋な精製水みたい。

濁りなく、滞りなく、自分の感情も清らかに穏やかになれる感じがします。

一緒にいると、エネルギーをたくさん与えてもらえるひと、
ダラダラした空気感になってよどむひと、
逆にエネルギーを奪われるひとなど、
様々いますが、
昔よりも、
最近は自分が一緒にいて心地好い相手を選ぶようになってきた気がします。

(余計なエネルギーを奪われて疲れてしまうことがかつてよくあったので…)


そんな中で、彼女との間に流れる純粋な気の流れは、とても心地好く貴重なものなのです☆



吉祥寺編・終わり♪
スポンサーサイト
[ 2012/07/06 07:57 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1024-2942e6e8