上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舞台メイクの実習



2月は相変わらず、オペラ『オテロ』の稽古の毎日。
何をしてるかと言われると、「オテロ」しかしていません。

更に最近、毎日すっぴんで上野の文化会館に入らなくてはならず、
家と会場の往復でこんな感じ。




山手線でもお恥ずかしながら、こんなすっぴんです!
本日、午前中に京都在住のまさねーと池袋のロッテリアで待ち合わせをしたのですが、
「…あんた。ほんとにすっぴんオーラないね=_=;」と
言われてしまいました^^;



そう。今日は場当たり稽古ということで、
お昼からいつものように上野の東京文化会館入りしたのですが、
まず最初にプロのスタイリストさんによる「舞台メイク」の実習を行っていただきました。





オペラは通常、外国人顔にメイクされなくてはいけません。
凹凸、目のくぼみ、鼻の高さ重視です!!

今回は我々もキプロス人になりきらなくてはならないため、
フェイスシャドー・ノーズシャドーは焦げ茶でがっつりなうえに、
ハイライトはTゾーン、目の周り、アゴの下にたっぷり乗せ、
更にまぶたの5センチほど上に、濃い焦げ茶のアイライン(いや…色鉛筆かもしれないw)を引いて、
奥目を演出致します。


鏡で目の前で見たときの自分の顔に…おどろき!!!!






キャストさんたちは専属スタイリストさんにメイクをしてもらっているのですが、
我々コーラス隊は自力でこうやってメイクも覚えていかなくてはいけないんですね~~。
影や凹凸、ドーランの塗り方、ハイライトの入れ方、角スポの使い方…などなど、

勉強になります。




毎日早めに会場入りし、1時間以上かけてこのメイクで顔を作ってから、舞台にあがる毎日です。






…しかし。
さすがにこの顔で電車には乗れないから、
毎回帰る前に楽屋でメイクを落とすのですけれど、
そのたびに自分の濃いメイクに見慣れてしまっていて、
すっぴんののっぺらぼう張りの薄さに毎度毎度驚いてしまうのですよねッ。。。。。(ーー;)



スポンサーサイト
[ 2010/02/15 23:26 ] ヘルス&ビューティー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1147-81eaffaa