上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Seasons Of Love ~ミュージカル『Rent』~


私の好きな曲の一つにミュージカル『RENT』のこの曲があります。



k1453011581.jpg





゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・
 



Seasons of Love       ←動画はこちらのタイトルをクリック

52万5600分
52万5000のかけがえのない瞬間
52万5600分
あなたならどうやって一年を計りますか?


夜が明け、日が暮れ、日付が変わった回数で?
飲んだコーヒーカップの数で?
インチやマイルという単位で?
笑いや争いの数で?

52万5600分は一年
あなたならどうやって人生の中の一年を計りますか?

愛はどうだろう?
愛はどうだろう?
愛はどうだろう?
愛で計ろうよ

愛が彩る季節で
愛が彩る季節で

52万5600分
52万5000通りの旅が描ける
52万5600分
あなたなら何を物差しに女や男の人生を計りますか?

彼女が知った真実の数で?
それとも、彼が涙した回数で?
彼が背を向けた人の数で?
それとも、彼女が迎えた死で?

物語は永遠に終わらないけれど
今こそ高らかに歌うとき
さあ、仲間たちが生きた一年を
祝って、忘れずにいよう

愛を忘れないで(絶対に、絶対に愛を忘れてはだめ)
愛を忘れないで(愛は天からの贈り物なんだから)
愛を忘れないで(愛を分かち、与え、広げよう)
愛で計ろうよ(計ろうよ、愛で人生を計ろうよ)

愛が彩る季節で
愛が彩る季節で(人生を計ろうよ、愛で人生を計ろうよ)



Five Hundred Twenty-Five Thousand Six Hundred Minutes
Five Hundred Twenty-Five Thousand Moments So Dear
Five Hundred Twenty-Five Thousand Six Hundred Minutes
How Do you Measure - Measure A Year ?

In Daylights - In Sunsets
In Midnights - In Cups Of Coffee
In Inches - In Miles
In Laughter - In Strife

In - Five Hundred Twenty-Five Thousand Six Hundred Minutes
How Do You Measure A Year In The Life

How About Love ?
How About Love ?
How About Love ?
Measure In Love

Seasons Of Love
Seasons Of Love

Five Hundred Twenty-Five Thousand Six Hundred Minutes
Five Hundred Twenty-Five Thousand Journeys To Plan

Five Hundred Twenty-Five Thousand Six Hundred Minutes
How Do You Measure The Life Of A Women Or A Man ?

In Truths That She Learned
Or In Times That He Cried
In Bridges He Burned
Or The Way That She Died

It's Time Now - To Sing out
Tho' The Story Never Ends
Let's Celebrate
Remember A Year In The Life of Friends

Remember The Love
Remember The Love





Remember The Love
Measure In Love
Measure, Measure Your Life In Love

Seasons Of Love ...
Seasons Of Love




゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・
 




このミュージカルのお話自体は、
プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』の甘く美麗な世界(1830–31年のパリ・カルチエラタン)を、
現代の粗暴な喧噪の中(1989–90年のニューヨーク・イーストヴィレッジ)に置き換えるという
構想のもとに作られたもので、
レントの主人公も、ラ・ボエームの主人公も、名前は同じ「ミミ」。


食えない芸術家集団が共同生活をしてボヘミアン的な毎日を送っているところも、
オーナーに家賃(レント)が払えないー!!とあくせくしているところも、
最後の悲恋の行方も、「ボエーム」そのものでストーリー展開は丸見え。


だけど、レントはそれを更に現代の若者や社会問題に焦点を当てたもので
NYに住む7人がそれぞれ悩みと葛藤を抱えながら生きていくストーリー。
恋愛、夢、挫折、性問題(セクシャルマイノリティー・同性愛)、HIV問題や
薬物中毒、人種差別や風俗産業?など、現代でも歪みを見せる問題にそれぞれが
向き合い悩む姿を描いているもの。

殺伐とした現代のNYの喧騒の中で繰り広げられる物語は
あの「ボエーム」のキラキラとした華やかでおとぎ話のような世界観より
もっともっと退廃的で激しく、また、焦点を当てられた社会問題の数々も
オペラ出身のわたくしにとってはあまりにリアリティに写り、
ちょっとえげつないものに感じられたので、この映画やミュージカルを観るくらいであれば
オペラ「ラ・ボエーム」の華やかで甘美な世界に没頭したい、と思ってしまいます。



ボエームが好きすぎる私としては、
昔から知り尽くしているストーリーなので、今更新鮮味もないし、
映画やミュージカルとしては私の中でいまいちです。
昔、映画『ムーランルージュ』を観たときもそう思ったんです。
ムーランルージュもヴェルディのオペラ『椿姫』とプッチーニの『ラ・ボエーム』を
組み合わせたそのまんまのストーリーで何の新鮮味もないうえに、
ムーランルージュもレントも、セットからストーリーから演出から何から何まで
全体的に大量消費社会のアメリカナイズされた軽い印象。



私は昔から古き良き文化・伝統が好きなのかもしれません。
オペラをまったく知らない人にとってみれば
『レント』も『ムーランルージュ』もとっても楽しいものかもしれないと思うのですが、
私にはやはりどうしても、浅はかで軽々しい、まったく伝統の受け継がないもののように思えてしまいます。


(ムーランルージュでよかったのは、ロートレックがボヘミアン生活に出てきたのと、
「サウンドオブミュージック」が出てきたのと愛の歌のメロディが綺麗だったことかな。
Come What May←こちらをクリック。)



そんなわけで「レント」はまったく別物の物語だと思って観れば楽しいのですが、
なにしろ大枠のストーリーを知りすぎていて、先が読めてしまうので、
私としてはストーリー自体はいまいち。
しかし、冒頭で歌われるこの『シーズンズ・オブ・ラブ』のすばらしさには
一発目から心を掴まれ、えらく感動した覚えがあります。



前奏のピアノのフレーズから、耳なじみがよく、
心を揺さぶられてやまない印象があります。
更にゴスペル調のみんなの歌声。最初から強烈な感動を与えてくれました。



夜中や朝方にねぼけまなこでDVDを流していると、
ふいに感動で泣きそうになってしまうw



切なさと喜びで、心が沸き立つのです。



Seasons of Love日本語バージョンはここをクリック←
スポンサーサイト
[ 2012/05/23 23:42 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1173-4dee2eef