上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ショック療法


もともと身体が強くないため(頑丈そうに見えて、実は身体が繊細で敏感なのだと言って♪)
常日頃から体調管理が永遠の課題のワタクシですが、
10月はいつもにも増して酷かった!!



まず10月第2週目後半からひどい風邪を引き、
病院で点滴を打ちつつ風邪薬を飲みつつ仕事をしていたのですが、

第三週目はそんな風邪薬の副作用と、
女性特有WEEKの女性ホルモンのバランスの崩れ?と、
もともと健康診断でも引っかかっている「貧血体質」との魅惑のコラボレーションで、
朝の通勤中に電車の中で貧血を起こして倒れ、駅の医務室に運ばれてしまう…という大失態。
仕事に遅刻していかざるを得なくなり、15分くらい遅れて着いてからも貧血がひどくて座ってられず、
ベッドで2時間ほど横になった挙句、顔色が明らかにまずいから帰れ、といわれて早退してしまった月曜日。


その後も、ふらふらして起き上がることができず、
私としたことが、仕事ができる状態ではないので数日寝込んでしまいました。。。。
ああ。大人が数日休んでしまうとは。(涙)


お恥ずかしながら、以前にもあったのですよ。。。。
その当時のブログの記事が、残ってます。  →  『東池袋で電車を止めたのは私です。』
ちょうど3年ぶりに、やらかしてしまいました。。。。
でも今回は前回の教訓を生かし、意識を失う前にしゃがみこんだので、大騒ぎにもならず、
意識がなくなるところまではいきませんでしたけれども。
視界がモザイクがかって、目が見えなくなってきて、音も聞こえにくくなってくる。
いわゆる脳貧血ってやつみたい。


しかし、サラリーマンがずらっと横並び一列で、
あんなに悠々自適に座席を陣取っているのを朝から見ると、気分が悪いですね。
体力のある男達がスーツを着込んで誰よりも先に座るなと。
駆け込んで椅子取りゲーム状態になってる日にゃ、見苦しい!!の一言でイライラします。
お年寄りと女性に譲れ、といつも言いたくて苦虫を口の中で潰したような顔をして満員電車で立っている私。(笑)
お年寄りはもちろん、女性も妊婦さんや生理痛で辛かったり、私のように貧血で苦しい人がいるんだゾ!!!!

一度、外国人男性と、ひとつの席の争奪戦になりかけたことがあるのですが、
率先して譲って下さいましたよ。当然、レディファーストでしょ!!といった具合に。
その振る舞いがあまりにもスマートで優しくてありがたくて、、、、、
そんなとき、ふと周りに目をやると、
日本のサラリーマンたちが我先にとばかりに、周囲に目を配らず、空いた席に突進している…。



それ以来、満員電車で座ってる男の人がすごく嫌です。
いいえ、嫌どころか大嫌い!!!!です。
この日も朝から呼吸が浅くて、まずいなぁ。。。と思いながら乗車していたのですが、
明らかに体調悪そうなのにだーれも譲ってくれず、ケイタイゲームだかSNSだかをしているか
寝ている男性たち。。。。せめて座れていたら、貧血でしゃがみこむことなんてなかったはずなのに。
私がうずくまった瞬間、目の前で座っていた人が驚きだか迷惑だか分からないような表情を浮かべて
座席を離れてしまいましたが、、、、私だって好き好んで迷惑をかけたくないのです。
しかし体調が悪い日だけは、大事に陥る前に、座るなりして予防線を張りたいものですもの。
そういうときに、頑丈そうな人達が一列を独占していると、なんだか悲しい気持ちになりますよ。。。
(←まぁその人達がみんな元気だと限られるわけではありませんが。)






・・・とまぁ、そんなことがあったわけですが、
ようやく第4週目には風邪も治り、女子WEEKも終わって元気復活!!!!と思いきや、
今度は無理がたたって軽いぎっくり腰になってしまいました(涙)


こちらも3年ぶりにやらかしましたよ。。。。ここ数年すっかり腰の痛みなんてなかったのに。
(←去年、車で追突されたときもここまでの痛みはなかったですね。)
一時は普通に座れない、歩けない、足も組めない、靴下やブーツも履けない、長距離移動できない、
という最悪の状態だったのですが、こちらも1年ぶりに接骨院に毎日通っていたおかげで
だいぶ復活し、今では殆ど難なく日常生活が送れるようになりました。


しかし、仕事でも普通に重いものを持てない、立ち上がれない、座るのもきつい、
フットワーク軽く動けない、という不便さから、ずいぶん周りの方に助けていただいてしまいました。。。。
「腰は要(かなめ)」と言いますが、本当にその通りですね。
普通に動けることがどれだけすばらしいことか、身を持って思い知りましたよ。
腰が調子悪いと、どこにも行きたくなくなるし、フラメンコも休むはめになってしまった。(涙)

そしてやっぱり、通勤電車の殺伐としたあの雰囲気!!(怒)
腰痛持ちには辛いです。座らせてくれーーーーーーーー!!!!!!!!!



色んな方のお気持ちが分かったここ2週間、でした。(涙)
そして周りの方に本当に助けていただいて、ありがたいやら申し訳ないやら情けないやら;
色んなことを自分で出来ず、他人にやってもらわないと出来ないって、本当に辛いですね。
腰もだいぶ良くなったし、いつもの何倍も動いて働いて、恩返ししなくちゃなぁ!><
近所にいい接骨院があったことに感謝!!!腕のいい先生に大感謝!!!!!




・・・ということで、
風邪→貧血→ぎっくり腰という、次から次へと訪れる災難に本当に翻弄された2週間でしたが、
おかげで久しぶりに数日ゆっくりできたし(笑)
早く帰っても許されたし(笑)
ギックリ腰になったおかげで腰・骨盤の矯正に毎日行くことになり(今も行っています。)
歌を歌うときに必要な体勢、腰の位置が矯正されて一石二鳥w

おまけに風邪でノドが腫れ上がって、痛みもあったのですが(咳も少しだけ出たし)、
ノドが充血してくれたおかげで、6月末から最近までずっと苦しんでいた喉の不調が一気に治ってしまいました。(笑)


6月に北海道出張でひどい喉風邪が大流行し、
みんな何ヶ月も咳が止まらず、声がガラガラでおかしい、っていう状況に陥ったのだけれど、
私もそれで気管支がやられ、喉の水分と血液が全部奪われた、みたいな声になってしまって、
声帯の形状も変わってしまったのか?と思うぐらいに、ひどい状態だったの。
歌のレッスンにも1ヶ月以上行けなかったし、耳鼻咽喉科にも2箇所通って、
結節ができかけているとか(歌っていないのに…)声帯の動き方、開閉の仕方がおかしいとか、
声帯がむくんでいるとか、とにかくよく分からない状態で、
8月末からレッスンに通い始めて声がなんとか出る状態にしていただいても、
なんともないところで声がひっくり返ったり裏返ったり、かすれる、という
未だかつてない状態が10月頭まで続いていて、私の喉はもう戻らないのか、と落胆していたのですが、
喉が腫れたおかげで今は今まで以上にノドが潤ってしまいましたw


ものすごい劇薬です。
ショック療法ってやつ????


長い目で見れば、いい方向に進んでいるのかも。
陰極は陽転する、とはまさにこのことなのかもしれませんねw
(うん、こういうこと…なはずw)



さて。そんなわけでようやく復活してきたので、
仕事も日常通り、そしてオペラや日舞の稽古にも通っていますよ。


11月3日は毎年恒例の門下の発表会。
ここに向けてコンディションを整えていきたいと思います。



スポンサーサイト
[ 2012/10/25 01:03 ] ライフスタイル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1225-c6b0e3c6