上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日舞のお稽古・オペラ・フラメンコ。

今週も相変わらず、仕事の後にフラメンコに行ったり、日舞に行ったり、
いつも通りの日々です。
その間に、来週の出張のミーティングで夜な夜な残業に追われたり、
なんだかハタから見たら、
今日、カフェで読んだ雑誌に出てくる
「働く女子のアフター5」特集に出てくる、
いわゆる「女子会」「女子力」「自分磨き」とか言っちゃうゆるーーーーいオフィスレディみたいに
なってしまっている自分にげんなり・・・。


そういうのにカテゴライズされるのだけは絶対に嫌です!!
だって、ああいう雑誌に特集されるのって、「婚活」とか「モテ服」とか騒いでる、
いわゆる男受けを狙った目線でしょ????そんな生っちょろい、浅ーいところで
ぎゃーぎゃー言ってる人間にだけはなりたくないんですよ。…既にもうなっているかもしれないけど。



日舞もフラメンコも、仕事が終わって暇な時間を利用して女磨き…みたいなものではありません。
すべてこれもオペラに役立たせるため。
舞台の上での自分の表現をもっともっと輝かせるため。
特に日舞なんかは、やればやるほど、本物が見えてきて、だけど程遠くて、そして必死です。





でもいつか、舞台の上で、美しい佇まいで、ひとつひとつを自信を持って立てるように…
……必死なんです。
舞台の上って、中途半端なのが一気に見えてしまうから。




だから、職場の人にももうこれ以上多趣味だね、とか
好奇心旺盛だね、なんて言われたくなくて、
下手すりゃオペラすら、その世界を目指している人以外は分からない世界で、
いっぱい持ってる一発芸の一つとしか思われていないんだろうか、という不安があるので、
日舞をやっていることも内密です。(笑)
だったらもっと仕事しろ、と言われるのが嫌なので。




…最近は仕事でも英語の通訳や英語の翻訳は全部私にまわってくるのですが、
実はこっそり1月の英検を受けるつもりなのも、企業秘密w
…これは、高校時代の自分の英検1級合格の最終目標を達成させるためだけの、
完全なる自己満ですけど。でも、これをいつまでも引きずっていると、なかなか次に進めない気がして。
へタすりゃオペラが中途半端になりがちに思われてしまうのは、
ここの目標を達しきれていないという欲求不満さが足を引っ張っている気がするのです。





なんでフラフラと色々やろうとするの??と、たまに聞かれることがありますが、
さきほども言ったように、舞台の上でのため、というのが何よりも1番。
あとは、根本的に、自分自身に対する自信のなさから来ているように思うのです。




昔から、向上心はあったほうだと思いますが、根性と根気がなくて続かなかった…。
ところがアラサーと呼ばれる世代に突入して、自分自身の思い描く理想の30代になるための
準備をしたい、欠けている部分を埋めたい、と思う気持ちが強くあるように思いますね。
私はかなり穴ぼこだらけで、欠けまくっている三日月…だと思うので。

満月になるために、とにかく多方面から学びたい、ただただその思いが強いのです。




だから、何かを学んでいるとき、新しいことを吸収しているときは、
大変ですが、とても充実感があって満たされている感覚があります。
本当は何もしなくても、そのままの自分できっとすばらしい存在のはずなのに。。。。


でも、究極の欲求不満や自己承認が低い、というわけではないようです。
昔はそんな節がありましたが、だいぶ改善されてきました。
自分のアイデンティティを保つこと、それが「色々と学ぶこと」のようです。


どうも1つのことだけでは物足りなくなってしまう。
もっとオペラだけに集中できたらいいのだけれど、それでは自分のバランスを崩してしまうのかな、
なんて思ったりもする今日この頃。

オペラ研修所時代は歌ひとすじ!!!!だったので、
それはそれで本当に幸せでした。でも今は、そのときできなくて、
もともと興味のあった世界にも少し目を向けてみたい気分。
でも、あと2年もすれば、やりたいことはだいたいもうやってきたので、
これで満を持して、今までからは想像つかなかったような凄まじい集中力で、ようやく音楽一筋にのめり込めるような予感もしてるのよね。



…そんなわけで、
日舞のお稽古のお写真です。


先日は、偶然にも蝶々夫人役の後輩ちゃんと同じ曜日・同じ時間にお稽古が入っていたので、
合同でやることになりました。(普段はお師匠さんと1対1なんですけどね。)

「さくらさくら」をお扇子を持って踊ります。




SANY0258_convert_20121107174811.jpg

SANY0257_convert_20121107174737.jpg

SANY0259aaaa.jpg



…二人の大きさの違いにびっくりしますwwww
親子か!!!!!!!と、自らに突っ込みたい。
後輩ちゃんの華奢さがうらやましいこの頃です。
日舞も、お人形さんが踊っているみたいで、とっても美しいんですよ、本当に。


私はといえば…なんだかガサガサしていてせわしない^^;
日々の生活が舞いに出ている感じです^^;大反省!!!!
そんな私でもずっと続けていれば変わっていくみたいですけど…。



それでもお師匠さんに
「普通は私たち日舞の世界でも、ひとつ舞台を越えると何か飛び抜けて大きく成長できるものだけど、
あなたたちもオペラの発表会を一つ終えて、なぜか日舞まで一つ洗練された気がする!!!不思議ね。
前よりずっと良くなってきているわよ。」



と上手におだてていただきましたwww


でも…まだまだですけど、確かに少しだけ何かがつかめてる気がする。
腰の落とし方とか。すっごく低く落とせるようになった気がしますもの。(←オペラの本番でもその体勢で歌ったしw)


おまけにフラメンコまで重心が落ちた気がする!!!




不思議なことです。
でも、舞台って面白い。
やっぱり人前に立つことって大事だなとつくづく思いました。



来週は、北海道で24時間×7日、仕事にしばられた日々ですが、
綺麗に縛られてきます。戻ってきた頃にはまた感覚が鈍っているかもしれませんが、
メリハリをつけながら、色んなことを頑張っていきます。
スポンサーサイト
[ 2012/11/09 00:30 ] お稽古など | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1241-a99186c9