上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アロマテラピー検定終了!

今日は二月からボチボチ勉強をし、
ゴールデンウィークに宇治に滞在しつつもラストスパートをかけていた
アロマテラピー検定の試験でした。









私は2級と1級を同時に受験しました。



筆記の他に、
香りテスト、というものがあるのですが、
(ジップロックに入ったボトルが配られて、それが何かを当てる)
二級はある程度いけるだろうな〜と最初から睨んでいたんですが、
一級は種類も多いし、マニアックで特徴のない香りも多いし(笑)
もっとエゲツな〜い感じで出題されるのかなーとギリギリまで焦っていたのですが、
(二級と一級の待ち時間にロッテリアで香りキットで香り当ての勉強必死にしてたし^^;)




なんと一級のくせに、
ラベンダーとグレープフルーツ、




という、
大変拍子抜けするぐらい分かりやすい出題(笑)


なーんだ!簡単じゃーん!


嗅ぎ分けできない〜!!
と、直前まで焦っていたのに、その心配ご無用でした。


ラベンダーもグレープフルーツも、
普段からよく焚く香りだしねぇ。
ラベンダーは寝る前に、
グレープフルーツはリフレッシュしたいときや
お腹空いてるとき、朝なんかに焚いたりしますもの。


最近知り合ったアロマテラピーアドバイザーの資格を持つ方が、
試験であまり特徴のないフランキンセンスとクラリセージだかネロリだかが出たと
いっていたので、もっと嗅ぎ分けできない感じかと思いきや、
今回は簡単すぎました。



ちなみに二級はジュニパーベリーとゼラニウム。



両方とも、もともと大好きな香りだし。
使う頻度が高い精油だから、分かり易かったです。
(選択肢にあったイランイランもよく焚くけど、
あの特徴的な香りはすぐ分かるから、絶対違うだろ!)




それにしても、
アロマテラピーの勉強はとても楽しかったなぁ。


年度始めで、仕事が死ぬほど忙しくて、
なかなか毎日コツコツ勉強できなくて、
仕方がないからゴールデンウィーク後半に一気にやった感じでしたけど、



すごーく楽しかった!!!




生態学なんかも面白いけど、
やっぱり特に歴史が好きだな!
パーソナルカラーを受験したときも色やファッションの歴史が面白かったけれど、
今回は香りの歴史を学ぶことができて、興味深かった!

もともと中高生の頃から世界史大好きでしたし、
歴史の時系列や地理などは頭柔らかい十代のうちにバッチリたたき込んだから、
海外旅行に行ってもたぶん深く楽しめてるはずだし、
大学時代に授業で西洋音楽史や西洋美術史を学んだときも、
バッチリ頭に入りまして、今でもしっかり覚えているという。
(だいたいオペラを学んでいたら、歴史を知らなければ何も始まらないしね!)
そんな中で、こうやって香りや色彩やファッションなどの歴史も合わせて学んでいくと、
すべてがリンクしていて面白い!!





やっぱり知識が増えてくことが、たまらぬ快感なのだな〜。






勉強なんて意味がなーい!という若者の声を最近よく耳にするけれど、
それはちがう!!ときっぱりと言う。
勉強しなさい!!!!



それでもって、自分を省みずに若者に対して口だけデカイ大人をよくよく見かけるが、
私はそうにはなりたくない。
だから、自分は自分なりに努力をしてやる!









あとね、あの受験会場の雰囲気が好き。
あの独特な静けさと緊張感、アウェーな感じが、
もう二度と戻れない、学生時代の英検やら模試、
受験などを思い出してドーパミンが出る感じなのです。



あと、終わったあとの解放感が他の何にも変えがたいほどの快感ですね!




次は何の試験を受けようかな!!




アロマテラピーも、大好きなので、
アドバイザーやセラピストなどになろうとか、あまり先のことは考えてないけれど、
(もちろん、その先を否定しているわけでもなく、機会があれば続けて取りたいけれど。)
それでも勉強は続けていきたいなぁと思っています。




おしまいっっ。
スポンサーサイト
[ 2012/05/13 20:33 ] アロマテラピー・ハーブ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1282-1375cb48