上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最後の静岡へ。

数ヶ月ぶりの連休。


末っ子の弟の大学の卒業式になぜか私も参列するため(笑)、静岡へ。











地元・愛知の千種高校を卒業したのがもう4年前。


あの当時、様々な彼の事情があって、その年の受験はもう諦める、浪人する、
と言っていて、高校3年生の1年間、一度も勉強をした姿を家で見たことがない。(笑)
(親も同意見w)


それでも、学校の先生や周りに勧められ、
受けるだけでも受けろと言われて、横浜から父親も付き添いに出動。
後期日程をほぼゼロ勉で渋々受けたこの国立大学の理系の学部に、
なんと受かってしまったというビックリ仰天劇からもう4年。(笑)





もともとものすごい集中力で授業を聞くタイプの弟だったから、
きっと基礎知識はあったんだと思う。
中学時代も家で宿題をしているところぐらいしか見たことがなかったし。(笑)
それでも、私の落ちた公立高校に合格してるんだから、きっと基礎学力はそれなりにあったのかも。

大学に入ってからも、経済の資格やTOEICなど、
かなりのハイスコアを取得しているので、この大学受験も単なる運だけではないと信じたい。(笑)




あれからバタバタと息つく暇もなく、あっという間に実家を離れてしまった末の弟くん。
あのとき、同時期に私も上京するために実家を離れたので、
もうあれから4年も経つんだぁ・・・と、時の流れの凄まじさに脱帽である。



むしろ私、昔、こんな記事まで書いてるし。(笑) ↓
http://saty33.blog.fc2.com/blog-entry-68.html
↑弟が高校受験に合格したときの記事。








私と歳が離れているせいか、
そして親戚にも、私の友達にも
「あれ?まだ小さかったジャン!!」と、いつまでも小さいイメージがついているせいか(笑)
まだまだ小さい、幼いような気がしてしまうけれど、


この4年間、
彼はこの大学で、この静岡の地で、駆け回った。
この大学が、この仲間が、穏やかで温和なこの地が、大好きになっていた。



温和な弟にとっては、ぴったりの場所だったんじゃないかな☆





自転車で辺りを駆け回っていた1年生。


しょっちゅう、田園に沈む夕日の写真や、自転車で5分ほどの距離にある太平洋の広大な写真を
メールで送ってきてくれた。(笑)





気候がとっても温和で、そこはまさに
『海の見える街』。   → BGMはこちらをクリック♪ ←



たまに遊びに行く私ですら、うわぁ♪いいなぁ!!!広大だなぁ!!!なんて感動したのだから
(天気のいい日は最高!!)弟はどれだけあの潮風の気持ちよさに感動して生活していたのだろう!!



大学2年の3月に震災が起こって、
駿河湾も揺れに揺れて、震度5なんかも頻繁に起こった。
そのときは、弟のアパートから海へと続く、あの平地が少し怖かったりなんかもしたけれど。





そうこうしながら、いつの間にか藤枝への高速バスに乗って、自動車教習所に通い
(“車校”という言い方は愛知だけなんですよー。ご存知でした?)
自動車免許も取っていた。

2年生か3年生かになると、サークルの女の先輩が卒業してしまうとのことで、
原付を譲り受け、チャリから原付でこの海の見える街を走り回るようになった。




サークル活動で全国をまわったり、歌のコンクールの全国大会で金賞を取ったり。
地元のテレビに映ったり、市役所前で歌ったりしたこともある。(笑)
東京にも何度も来ていたので、私も何度も会ったりした。


それ以外にもゼミのプレゼンで優勝したり、
資格ゲット等もものすごくがんばっていた。(笑)
弟のスコアは、悔しいけれど私はまだまだたどり着けない。^^;


そして、この1年間は就活をとても頑張っていた。
涙をのんだり、喜んだり、色んな思いを体験したことだろう。





仲間にも恵まれ、一人暮らしのアパートも居心地が良いようで、
休みになっても全然実家に帰ってこないw
と、寂しいやら嬉しいやら複雑な心境をしょっちゅう口にしていた母親。w





↑弟の住んでいたアパート。





↑弟がしょっちゅう利用していたという、県立図書館とその隣の県立美術館へと続く道。
すごく自然が豊かで素敵なんです♪ジブリの映画『耳をすませば』を思い出しちゃう♪



こんな静寂で自然の綺麗な場所で勉強&読書なんて、
英気を養うにはもってこいだなぁ・・・・。







↑弟の通っていた大学の正門付近。


既に新入生を迎える準備で人がごった返していた。
弟たちは巣立っていき、もう新しい世代への始まりなんですね。














↑シーサイドにあるイタリアン『Gradevol』の美味しさには驚き!!




-嗚呼!!!私もこの4年間、弟に会いに
(または舞台を見にいくついでに弟に会ったり、登呂遺跡で遊んだりw)
結構な頻度で静岡に遊びに行き、この海を見たり、大学付近をドライブしたり、
アパートに掃除しに行ったりしたんで(本人は迷惑がっていたがw)


もうこの土地に来ることもないんだなぁ…と思うと、非常に寂しい!




なんてゆーか、東京や名古屋などにはない、穏やかさ、温和さ、ゆったり感がある感じがして、
私もちょっと来ただけですごく居心地が良くなる!!



弟も静岡と離れることを、とっても寂しがってましたけど、それもそうだろうなぁ…なんて思う。








↑7月にも行った天然温泉『天神の湯』。
ここには今回も行った。もう来ることはないのかなぁ…。
アロマのお湯や、緑茶のお湯、身体が浮くのだけれど、めちゃくちゃ痛い死海の湯などがあって、とっても贅沢ですよー。



私が今回、便乗して卒業式に参列したのは、
かわいい弟の晴れ姿が見たかったのはもちろん(姉バカですみません…)
私自身ももう滅多に静岡に行く機会がないから、というのもあるんだよなぁ。








でも、卒業式には、行けてよかった。


情報学が専門だという、学長のお言葉はとても興味深かった。


「4年前に入学したとき、スマホを持っていた人達は1割に満たなかったでしょう。」
等々、ネットの始まりや、家庭でのコンピューターの利用、1999年にケイタイでもメールが
できるようになった…という情報の歴史から始まり、ふむふむ、と聞いてしまった。


そして、この時代の流れの速さ、めまぐるしいほどの発達の仕方に重点を置きながら、



「情報が簡単に、たくさん手に入る時代だからこそ、自分で取捨選択し、自分で考える力をつけなくてはいけない。
人と簡単にコミュニケーションが取れる時代だからこそ、人に会いに行かなくてはいけない。」





この学長の祝辞の言葉の数々には、
本当にその通りだなぁ…とつくづく思わされた。




また、弟と同じ学科を卒業し、現在は市役所でお勤めされているという先輩からのお言葉。
(…といっても、私より年下なのにあんなにシッカリしてることに驚き!)
社会人になるにあたってのアドバイスだが、


「ABCの大切さをお教えします。」
としながら、




どんな小さな仕事でも『A(当たり前のことを)B(バカにせずに)C(ちゃんとやる)』ことの
大切さを卒業生に伝えてくれていた。
その姿はとても真摯で誠実さが感じられた。



「周りの人と誠実に向き合ってください。」

「例え大きいことを成し遂げることはできなくても、自分の与えられた小さな世界を
良くしようと一生懸命に努めることが大切だと感じています。」







私自身も目が醒めました。




向上心があればあるほど、何か大きなことを成し遂げたいと思いがちで、
身の周りの些細なことをないがしろにしてしまうことがよくあるが、
そこには誠実さは感じられない。




私自身も、大きなことよりも、もっと身の周りの身近な物事から。
一つずつを誠実に、慎重に、一生懸命に。


そういう心がけをしていきたいなと思ったし、
大きな口を叩いて身近なことをおろそかにしてしまう人間よりも、
何も言わずに誠実に人や物や事に向き合える人間になれるよう、
考え方をシフトしていきたいなぁと思った。




誠実さが見える人間になりたいな。



ちゃんと働くようになって、殊に思う。




そして弟を始め、この大学に通う皆さんは、すごく勉強に対して真面目で
本当に良く「学ぶこと」に向き合っている感じがした。
弟の話を聞いていてもそうだし、卒業式を見ていてもそうだし。


俗に言われる、
「今時の若者はなんとなく目的もなく大学に来て、あとは遊んでバイトしてる。」
みたいなものを殆ど感じない。



とてもしっかりしているし、
誠実さを感じられるし、
向上心をもって勉強に励んでいるし、
こういう人達が日本の未来を支えてくれるなら、未来はまだまだ明るいなと思った。


こういう人達も、まだまだたくさんいるんですよ。
嬉しいことですね。






弟くん、卒業生の皆さん、
ご卒業、本当におめでとうございます。









社会人として、希望を持って、明るく羽ばたいて下さい。





私の大好きな末っ子の弟くんも、
就職で今度は長野に行きます。

これからは、長野がホームグラウンドです。



もう、就職となると、学生時代とは違って、
本当に会える機会も少なくなってしまうんだろうなぁ…なんて寂しさを感じている姉ですけどw
(弟からするとうざいだろうけどw)




大変なこともあるかもしれないけれど、
誠実に、ひとつひとつのことや周りの人と向き合い、
そしてまた新天地で、新たな世界を築いていってください。
姉としては、デカイお金儲けとか、大成とか、バカデカイことを成し遂げてほしいとか、


そんな願望はまるでなく、
とにかく周りの人に恵まれて、
毎日健康で楽しく、そして誠実に着実に目の前の仕事をこなしていってほしいと願います。



そして持ち前の優しさと真面目さ、
真摯な姿、どこへいっても評価される温和で親切な人間性、
子供の頃からみんなを癒してくれる、そのキャラクターを出し惜しみなく発揮できる環境に恵まれますように。



本当に本当に、おめでとう!!!!







4月。
まもなく新年度が始まる。
そして、まもなく新しい時代の幕開け。
人生の第二章。長い長い旅路がここからやっと始まるのだろう。











゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・

ONE OK ROCK 「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」



【動画】



相変わらずあの頃に話した
夢を僕は追い続けてるよ
もう今年から忙しくなるよな?
でも変わらずこの場所はあるから

So everybody ever be buddies
Days we grew up are days we will treasure
Show everybody show is beginning curtain has risen
Make your own storyline
Dream as if you will live forever
And live as if you’ll die today

ふざけ合い たわいもない
くだらない話をしては
泣き笑い なぐさめ合い
So終わらない歌 今歌うよ
Dream as if you will live forever
And live as if you’ll die today

悪さやバカもしたね よく怒られたね
ただ楽しくて そんな日々がずっと続くと思ってた
けど気付けば大人になってって
それと共に夢もでかくなっていって
それぞれが選んだ道へ
We have to carry on
Our lives are going on
でも変わらずあの場所はあるから

So everybody ever be buddies
Days we grew up are days we will treasure
Show everybody show is beginning curtain has risen
Make your own storyline
Dream as if you will live forever
And live as if you’ll die today

ふざけ合い たわいもない
くだらない話をしては
泣き笑い なぐさめ合い
So終わらない歌 今歌うよ
Dream as if you will live forever
And live as if you’ll die today

We all, we all
Have unforgettable and precious treasure
It lasts forever

時が経ち老いていっても
かけがえのない宝物は
目に見えぬ 形じゃない
大切なメモリー
これから先もずっと 一生ずっと…





゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・









image (3)







528933417_80.jpg
522705690_227.jpg
522705690_184.jpg




















































iPhoneから送信
スポンサーサイト
[ 2013/03/23 13:14 ] 静岡•ロハス紀行 | TB(0) | CM(2)

おめでとうございます

弟さん、おめでとうございます!

入学からすごいストーリーですね。
そして、すごく充実した四年間だったようで、素晴らしいおはなしありがとう。
自分のときはどうだったろう?と振り返ることにもなったわ。
大学って、人によって四年の過ごし方様々で面白いなー。
アンテナはればたくさんのことをキャッチ出来るはずなのに、なんだかもったいない過ごし方したかも。なんてちょっと後悔(笑)

弟さんみたいな子は、社会人になっても生長をやめないだろうね。今後も楽しみだね。

そういや、わたしも弟の高校受験のときに合格発表の掲示見に行ったり(マニアックなとこうけるもんだから、遠かった…)大学の入学式についていったりしたなあ。(これがまた戸塚という遠隔地…)キリスト教だけど自分のときとは違う、なんかオシャレな空気と広大なキャンパス(わたしのとこは狭い上に、めちゃ地元すぎて新鮮味皆無…)に、勝手にわくわくしたもんだよ。うちのは完全に遊びとバイトだったみたいだけど(滝汗)

静岡はいく機会減ったかもだけど、今度は長野があるじゃない!(長野県大好き人間)いいなあ!いいなあー!

そして最後のワンオクの曲、
この記事に相応しすぎます。泣けるわー。

小笠原から帰るとき、さみしくて仕方なくて泣きまくってるけど次いかなきゃってときに、ちょっと感性が高い男の子に、これ聴け。と動画のURLが送られてきたのよ。
かえっきて、ひとりきりになって泣いたわー。
ちなみにそのあとフェスでワンオク見てliveで聴いたけど、鳥肌ものだったわー。
いまじゃすっかり聴いてないけど、季節がら、いいもん思い出させてもらいました。ありがとう。
[ 2013/04/02 21:34 ] [ 編集 ]

素敵なメッセージありがと~~~!!(^^)

あれから一ヶ月が経って、静岡で青春を送っていたうちの弟君は
今では長野で社会人としてがんばってるみたいよ!
GWは10日間ぐらいの大型連休だというので、私も京都に行く前に
長野に寄ろうと思っていたけれど(方向全然違うけど^^;)
もしくは弟と東京集合になる予定だったけれど、
結局ひとりでのんびり過ごしたいとつれないことを言うので、ほっとくことになりそうです(笑)
私も大学は結局6年いたから結果好きな場所だったのかもしれないけど、
特に卒業式に感動もしなかったし、同じく狭い上に地元だったので新鮮味もへったくれもなかったから、自分のより弟の式の方が感動したなー。
国立の卒業式ってこんなに厳粛なんだなーと圧倒されたしね。

そしてあなたもこのワンオクの曲に思い出があるなんて驚き!!
小笠原の帰りにこの曲か・・・。それはそのお友達もやるね。
私も最近の音楽、ほんとに聴かなくなっちゃったし、
バンド、全然知らないし(サカナクションは好きだけど。(笑))
興味もすっかりなくなってしまったけど、ワンオクは純粋にかっこいいと思えます☆
この曲と『完全感覚Dreamer』だけはかっこよくてかろうじて知ってる。(笑)
[ 2013/04/28 21:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1288-ad61e4f6