上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お気に入りの名作☆



今年はすっっごく慌ただしかったから、
せめて年末年始の休暇はゆっくりと家で大好きな映画を見返したいな~。



…なぁんて思ったので、
今まで出会った映画の中でも、特にお気に入りのDVDをたくさん並べて、
ずーっとやりたかった部屋の大掃除をしました!



職場のデスク周りはピカピカにしたので、ずっと後回しにしていた家のお掃除も!



ずっとこの一年、
無我夢中で飛び回っていたせいで、
ふと休日ができて家の中にいると、
窮屈で息苦しくて、逃げ場がなーい!

みたいな状況になっちゃったんです。



あんなにお家が好きだったのにね(笑)



でもそんなときに、
大好きな映画ってすごく便利!
ホカホカのあったか~い自分の家にいながらにして、
いつもと違う世界にタイムトリップできちゃうから☆







フランス映画女優のカトリーヌ•ド•ヌーウ″が大好きなので、
この
『シェルブールの雨傘』と
『ロシュフォールの恋人たち』は最高!


私の大好きな60年代の香りがプンプンしますが、全く古さを感じさせず、むしろ新しささえ感じてしまうオシャレ感が素晴らしすぎる!





もともとミュージカル映画大好きですが、
ブロードウェイの『シカゴ』『ヘアスプレー』などなどのいかにも!!なアメリカ作品にはないような、
フランスのエスプリの香り。
大好きです!
音楽もだーいすき!!!

そしてシェルブールのラストシーンは切なすぎて、いつでも涙が出てしまーう。
本当に美しいラストシーンです。








おまけにこの2作に関しては、
色彩の影響をモロに受けてます、わたくし。







トム•ウェッセルマンの絵画みたいな色調の世界!!

















女優さんも美しいし、
男優もイケメンだし、
色彩もポップだし、
だーいすき(≧∇≦)







こちらは右上のロートレックの絵みたいですね。(笑)
両者とも古き良き時代のフランス!!












こちらもいいですね♪


あとはロシュフォールの恋人たち!


































観てるだけで幸せになれるなぁ!
こんなにカラフルな世界に私も囲まれたい(≧∇≦)


ジャジーな音楽もめちゃめちゃいいし、
やっぱり60年代って最高に素晴らしい文化!
最近ビートルズも最初から全部聞きまくってるんですけど、
今聴いても新しくてオシャレ!!ってすごいと思う!!
ある意味60年代で出尽くした感があるかもしれません(笑)


そんなわけで、
年末の息苦しい家の大掃除を、
この最高にハッピーな?(シェルブールは悲恋ですが…)作品のエネルギーで、楽しいものに変えてしまいましたー!!



あとは



大好きなオードリーヘプバーンの作品の中でも、特に大好きなこれら!

あぁっ!『パリの恋人』も大好きだけど、
入ってないっっっ!!!


学生時代は、
『ティファニーで朝食を』が1番好きでした。
スモーキーなムーンリバーの歌がたまらなかった。
次に『マイフェアレディ』かな。

でも大人になってから、
ますます好きになったのは
『麗しのサブリナ』と『ローマの休日』です。


これらはさっきのフランス映画とは違って、思いっきり白黒映画の
モノトーンの世界ですけれど、
それでも古き良き時代のアメリカンクラシックの名作!って感じで、大好きです。


この頃の作品ってなんて夢があって素敵なんでしょ!!!



今のハリウッド映画は…なんだかお金だけかけていても薄っぺらいというか、
文化的な感じじゃないのよね。


現代のハリウッド大好きな職場の人たちと全く話が合わないけど(涙)
やっぱり重厚感のあるクラシック映画が好きなのだーーーーー!!



あとは、
最近揃えたDVDの中でもイチオシなのがこれ!




まぁ、言わずと知れた『サウンドオブミュージック』はいいとして


(小学生の頃からビデオテープが擦り切れるぐらい観たし、今でもVHSバージョン持ってます。
DVDも持っていたけれど、10年以上前に知人に貸して、まだ返ってきていません(笑)
そうこうしているうちに、45周年記念でデジタルリマスターされたバージョンが発売し、
その特典映像が観たくて知人の方に借りたりレンタルしたりしたけれど、
その中の『出演者のトラップファミリー30周年同窓会』で
七人の子供たち役が30年経って全員集合して当時を語る映像がマニアには良すぎて、
思わず購入しました。)


その周りにあるドイツ映画ですよ、ドイツ映画!!!


ドイツ語なんです。
結構、聞き取れるんです!!!これがまた(笑)


毎日NHKラジオを流し聞きしてた効果かしらー?

ドイツ映画の耳馴染みが良いのにびっくり!
英語並みに聞き取れる!!

(フランス語も、あ!知ってる!!みたいな文章がちらほら出てきますけど。『キサ?』とか、『ア ドュマン!』とかね。)


…と、


それはいいとしてぇ!!


『サウンド•オブ•ミュージック』の前身!モデルとなった映画『菩提樹』と『続•菩提樹』ですよ。

実在したマリア先生の回想録が元になった自伝的映画で、
これがブロードウェイの目にとまってかの有名なミュージカルとなり、
それがさらにハリウッドの目に留まり、
かの有名な映画となったわけですねー。


『菩提樹』はこんな感じ。




















アニメ世界名作劇場『トラップ一家物語』も子供の頃から大好きだったし、
マリアの原作自叙伝も読んだからよく分かる!

まだ続編観てないけど、
年明けに仕事しながら観てみよー!!



まったりな年末年始のお供に彩りを添える名作たちです!
スポンサーサイト
[ 2013/12/31 18:39 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1419-271c892a