上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーダーとして②~お砂糖ひとさじで~

そんなこんなで大変だった、
今年度1番の大仕事。




やることすべてが初めてで、
何がなんだか分からない状態。








だって私、
高校三年生からずっと
音楽しかやってきてないんですよ(笑)


大学でも音楽と美術(学芸員資格)しか学んでこなかったですし。

卒業してからも、
音楽の講師とプータロー(笑)


産まれて初めてマトモに就職したの、28歳になる歳だったし。


そんな超ペーぺーの私が
元営業マンとか元公務員とか大学の元研究員とか企業の開発経験者とか元教師とか
元サラリーマンとか。。。
キャリア10年以上の方々はもちろん、
30年以上の方々もいるような人たちを統括•コントロールするなんて、


普通あり得ないでしょ!!!(笑)




私よりパソコンで資料作成が素早く上手い人なんてゴロゴロいるし、
ノウハウだってあるし、
年齢だって私は下の方だし、
何より女性だし…



なんて、言い訳並べるとキリがないけど、



そんな状態なのに引き継ぎも一切なく、
まさにサバンナに初めて放り出された子ライオン状態の私(笑)




仕方なく、
歴代のリーダーの作った過去の資料を自力で色々と手繰り寄せて、
ああ、これをこうやってやればいいのかなぁ、
なんて、手探りで準備を進めてみる私。


それを見て、
あ。矢田さん色々やってるから大丈夫そうだわー
みたいに
周りから放置され続けた私(笑)


(それどころか、年上の後輩に仕事振るとできませんとか分かりませんとか言われるし(笑)工夫してよ!って思っちゃうわけ!)



ものすごいプレッシャーと闘っていたし、


とにかく、
いつも出張に行く前にめちゃくちゃ大変そうな先輩の姿を横目に見て、


あ~。
私もああなるんだろうなぁ。。。
なんて恐れおののいていた。



けれども、
だんだん


無難に業務をこなそうーーー!!!



という嫌々な気持ちから、



出発直前になって、



他の誰でもない、
私がリーダーをやる意味って何なんだろう??


と、考えるようになりました。



同じように進行して、
同じように業務を回して、
同じように周りを動かすこと、



それは私にとって『作業』でしかなく、

そこに気持ちが全くなかったから、
自分の気持ちが動かなかった。



私はずっと、
何をやるにも気持ちで動いてきた人間だと思うので。


逆に言えば
気持ちのないものには微動だにしない、
ワガママな人間(笑)



この仕事だって、
作業的なものとしか考えていなくて、全く胸がときめかなかったから、気乗りしなかったのか~なんて急に思ったりして!


そうか!
だったらこの仕事もクリエイティブなものにしちゃおう!!!






と、思うようになりました。




決められた狭い括りの中で
クリエイティブな能力、なんて発揮できるか分からないし、
私はどちらかというと、
決められた時間の中で、
毎日同じように企業に務めることは
生産性のない、創造とは程遠いものだと思っていたフシがある。
(そうやって芸術家集団から洗脳されていたし。)



でも、
それって創造力を芸術という土俵でしか発揮できないという、
非常に限定されたものになってしまうし、


何気ない日常に芸術で培ってきた感性を発揮することだってできる。


何より、
世の中の常識の中で長年働いてきた方々にはないような、
芸術ばっかり触れてきた私だからこそ出来る、
ワクワクするような旋風をここで巻き起こせるんじゃないか!と思ったりしたの!



私自身、
職場で



その場をいつでも100%楽しめるひと

天真爛漫を絵に描いたようなひと

明るい



と、
言ってもらえたりする。



じゃあその性質を発揮することが、
私のリーダーとしての務めなんじゃないか、


と、思ったわけです。




わたくし、
今回初めて書店のビジネス本コーナーで立ち読みしたりなんかしてみました(笑)



ビジネスなんて、
残念ながら自分が今まで全く興味がなかった分野ですし、
一生こんなコーナーに立ち寄ることはなかったと思っていたので、
自分でもビックリ!!!(笑)



『職場のリーダーが読むべき本』とか
『上司が周りのひとをうまく使う本』


とか、
そういった類いのものを
ペラペラとめくってみました。



世の中のビジネスマンたちは、
一体どのようなハウツー本を読んで
どんなノウハウで周りを動かしてらっしゃるんだろう??



…なんてね。




でも、
どのビジネス本や自己啓発本を読んでも
全くピン!と来なかったし、
どれもこれもありきたりだったので
や~めた!



色々なビジネス本をめくってみて、

心に残ったのは
やっぱり松下幸之助の本ぐらいだし、
そんなのは今更感漂うし。



そうなると、
やっぱり安いビジネス本や自己啓発本よりも、
ブッダの言葉やニーチェ、ゲーテ、
キリストの言葉とかの方が響いてきちゃうのは、
やはり芸術を愛する者の性分ですね(笑)


そんなわけで、
色々考えた末、


リーダーというものは、
先頭で引っ張るものでも、
周りのひとに命令するものでもなく、
そのチームがスムーズに動くための縁の下の力持ちであるべきなんだろうなってことと、


リーダーというものは、
そのチームのカラーを直接反映してしまうものなので、
私の感情を常に透明にニュートラルにしておかないといけないなということと、

あとは
チームがスムーズにいくためには、
笑いの要素がないといけないので、
リーダーは何があっても常に明るくオモシロイ笑いの要素を忘れないようにしなきゃという(笑)


そんな結論に行き着いたのでした。



あとは周りの皆さんが動きやすいような入念な下準備や
周りが気付かないところにまで行き届くこと
どこまでもキメ細かい指示や情報提示、情報共有



そのための準備なら厭わない




そんな風に自分自身が変わってきました。






あとは、
自分の短気な性格が出ませんように
何があってもピリピリせず冷静でいれますように
周りの皆さんの責めずに常に感謝の気持ちを表せますように



そんな自分との闘いでした。




そんな風に思えるようになってからは、
準備が大変ながらも、
よーし!来い!!!
という気持ちでワクワクしたし、


ここまで下準備バッチリしたから大丈夫!!!


という安心感もありました。


こんなに入念に下準備を行ったのも、
中学のテスト勉強以来かもしれません。 (笑)



始まってしまえば、
無我夢中で
あっという間の一週間。



色んなイレギュラーな出来事があっても、
すべて想定内だったし、
それを視野に入れて予定を組んでいたので、
冷静に対処できた。



そして、
周りの方のビックリするほどのご協力!

本当に、
ありがたい気持ちでいっぱいになりました。


普段、
同じように同等の立場で働いていたときには気付かないけれど、
自分がリーダーになってみて初めて、
こんなに一生懸命、協力していただいてありがたいなぁとか、
自分の力じゃなくて、
周りのひとのおかげで成り立ってるんだなぁとか、


自分のことじゃなくて
全体のことを考えて、
自分自身の範囲を超えて120%で動いて下さる周りの皆さんの姿に心を打たれました。



そして、いつも笑いを提供して下さるオモシロイ人たち!!!


最高!!!!



おかげで色々あっても、
笑いっぱなし、笑わされっぱなしでした。



あのチームで仕事ができて、
本当に良かった!!!!



皆さん、ありがとうございました!!!!




帰りの空港で、

入社当初のペーペーすぎる私から
ずっと見守って下さっている上司が
最後の最後に言って下さった言葉。


『すごくいいリーダーだったよ。
他人の気付かないところによく気が付いたし、自分の立場、立ち位置をよく知って動いてた。とにかく矢田さんは周りへの声かけ、指示出しが的確で素晴らしかった。』


『矢田さんは責任感が強いからね。』



この最後の言葉で、

孤独だと思っていた準備期間もすべて報われたなぁと思いました。




そして期間限定で結成されたチームの皆さんのLINE(現在は解散(笑))でのメッセージ!











皆さん、私よりキャリアも年齢も
上の方が多いのに、あたたかく迎え入れて下さって、本当にありがたい限りです!



幹部の方からも


『あなたの頑張りに、心からの敬意の拍手を送ります。』


とお手紙をいただきました。



私、やれたんだ!!
そして、まだまだこれは序章で、
アイディアはめいっぱいある!!
もっともっと色んなことができるし、
もっと面白くさせられる!!!


と、勇気が湧いてきました。




とある目的があって、
お金貯めようかなぁ~と思って、
なんとなく今の職場にやってきました。

仕事に対する使命感なんてなかったし、
気楽にお金を貯めるためだけに
呑気に働こうかなっ!としか考えてませんでした。



そのうち
お給料云々以上に、
とてつもない責任を仕事で背負うことになり、
働くとはこういうことかぁということを、
この職場ですごく学んでいる気がします。



もちろん、当初の目的だって無くしていません。
でも、今は今で中途半端さを捨てて、
全力投球で今まで欠けていたものを吸収しています。



自分のために、とか、
自分とは何ぞや、とか、
ずっと自分の方にベクトルが向いていたけど、

お金とか、
自分とか、
そういうものを投げ打ってでも、
周りのために、
人のために、
責任を果たすために、
小さな社会のために自分が存在している


そのためにがむしゃらに働いている




おはずかしながら、
今まではそういう感覚が全くなかったんです。

でも、今はそういう自分になれた気がします。


そして、
それは当初の自分の目的を果たすためにも、
この世の中で生きていくためにも、
私にとってとても重要な、
経験して良かったことだったと思っています。



芸術の感性ばかりを磨こうとして、
社会性が全く伴っていなかった数年前の自分に比べて、
(友達だと思っていた人にハチャメチャだと言われていたらしいから!(笑))
かなり日本の社会人の普通の感覚や常識も身についてきてしまい(笑)


芸術をやる人間としての面白味が欠けたかな?
なんて、自問自答することもあるけれど(笑)



むしろ、普通の感覚がないと
いけなかったと思うので、
何かが磨り減るどころか、
むしろ無敵になっていく一方だと思ってます(笑)



だって、
芸術を鑑賞し、評価して下さる人は
普通の感覚を持ち合わせた方ばかりなんだもの。


そちらに寄り添わずして、
そしてそこらへんのバランス感覚がない人間に、
本当にいいものなんて出来るはずがない。



だから、
これはこれでありがたい経験をさせてもらってるなぁと、


普段は文句を言いながらも、
感謝しているんですよ☆












今回、
統括をやるにあたり、
どんなハウツー本や自己啓発本よりも
心に響いた言葉は、
大好きな女優、ジュリーアンドリュース主演の映画、
『メリーポピンズ』の歌とセリフでした。


『Spoon Full of Sugar』



『お砂糖ひとさじで』
by メリー・ポピンズ

辛い仕事さえ楽しくなる
甘いお菓子食べるように
そうね ちょっぴり砂糖があるだけで
苦い薬も飲めるのよ
ひとさじの砂糖があるだけで

コマドリが巣を作る休まずに
忙しく枝を集め
飛び回りながら歌も歌ってる
仕事も嬉しいものよ
ひとさじの砂糖があるだけで
苦い薬も飲めるのよ
ただちょっぴり砂糖があるだけで
楽しくなるわ


みつばちが飛んでる 花から花へ
みつ探して疲れも知らず
どんな花にでも甘い蜜がある
そして 分かる
仕事は楽しいと







しなくちゃいけない仕事には、何か楽しめる要素があるものよ。
─ディズニー「メリー・ポピンズ」






どんな仕事も、楽しくやる方法があるのよ。
そのコツを見つければ、仕事はゲームになる。

─ディズニー「メリー・ポピンズ」








これからの日々も、
この気持ちを忘れずに過ごしたいなぁ。



そして、
本当に本当に全力疾走で駆け抜けたので、
少しの間は身体を休めていきたいと思います☆




来月は南の国に行ったり
ロス在住の大好きなダンサーに再会したり、
楽しみな要素もいっぱい!!!


今回、北の大地で駆け抜けた仲間たちの一部とは来月、
ハワイで再会です☆


楽しみだ~^_^
スポンサーサイト
[ 2014/01/30 08:39 ] 北海道ものがたり♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1429-660aeae2