上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この道


今回の北海道出張では、
レンタカーを運転することがとても多かったので、

心に留めておきたいなと思う風景を
車を停めてはいくつか撮っておきました。






『この道』
←クリックしてね!
















日常ではなかなか感じられない静寂さが、そこにはありました。



その世界に吸い込まれそうなくらい、
霧がかった深い森と












どれだけ走っても、
果てしない

広大な平原。























そんな中で
私ひとりきり。



毎日多くの人たちと接する私にとって、
非日常的とも言える、
この静かな自分と自然との無言の対話の時間は、
ブレない自分に戻すために
とても貴重なひととき。



普段はビルに囲まれて、
視野の狭い中で生きているけれど、
こうやって広大な自然の中で
誰とも会話せずにひとりぼっちに身を置くと、


世界は広くて偉大だなと感じる。


そして、自分自身は所詮ちっぽけな存在に過ぎないのだと、


それは悲観しているわけではなく、
ただただ畏怖の念で無限大に広がる世界を見つめるのです。


こういうときの自分の感情って、
他では生み出せないような特別な高鳴りがある。


それは

高校一年生のときに
バイエルン地方のドイツアルプスや
スイスの山脈を目の当たりにして
これ以上ない感動を得たときから続いている自分の大切な部分なのかもしれないな。



…ハッキリ言って、

出張中の睡眠時間は平均3時間以下という、
目の下のクマもハンパないときの
往復1時間の運転は、
拷問に近いときもあるけれど(笑)


それでも、普段から120%のエネルギーを使っている自分には、
ふっとナチュラルに力を抜くことも必要。




初めてこの景色を見たのは
今から2年半前。



あれからもう10回以上ここへ来て、
この風景にもすっかり見慣れてしまい、
あのときのような感動も薄れてしまって
何も感じなくなりつつあるけれど。。。


それでも、
ハッとするような光景に出会うと、
こうやって切り取っておきたくなるものです。





この道 山田耕筰


この道は いつか来た道
ああ そうだよ
アカシアの花が咲いてる


あの雲は いつか見た雲
ああ そうだよ
ほうら 白い時計台だよ


この道は いつか来た道
ああ そうだよ
おかあさまと 馬車で行ったよ








…えぇ。
前回来たのは1月。


そのときも確かにレンタカーを運転して
この道を来ていました。




はい。

アイスバーンに恐れおののいたあのときです!(笑)


『アイスバーンの恐怖』←当時のブログ。

スポンサーサイト
[ 2014/07/01 13:00 ] 北海道ものがたり♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1467-2036b1ce