上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12月8日

この時期になると、
街の至るところで
『Happy Xmas (War Is Over)』を耳にします。




凍える寒さから身を守るように
温かいダウンジャケットで身を包み、
人々は颯爽とキラキラと煌めいた街中へと溶け込んでいく頃。

1年の中でも1番華やかで、
心なしか街の人々がとても楽しそうに浮き足立っている時期が今年もやってきました。

平和だなぁ。。。

と、しみじみと思います。


そんな中、12月8日は
心なしか複雑な気分になってしまいます。



1980年のこの日。
NYの自宅の前で、ある1人のファンにより
ジョンレノンが銃弾に倒れました。




私はまだ生まれていませんでしたが、
この日さえなければ、
私はこの地上でジョンレノンと同じ月を見て、同じ光を浴びて、
同じ空気を吸うことができたのに。



悔しくて悔しくてたまりません。



私が生まれたときから
既にジョンレノンはこの世の中にはいなかったのに、

なぜ
こんなに物悲しい気持ちになるのでしょう。



それは、
ジョンが生きて、息をして、歌って、
そんな軌跡が、
この世の中にまだまだたくさん私たちの前で残っているからかもしれません。


ジョンの死後、
ジョンレノンに魅了された1人である私。



私がジョンレノン大好き!!なのは
このブログで既に何度も書いていますが、



ジョンレノンをリアルに知らない私の世代の多くは、
英語の授業などで『イマジン』を知り、
丸いメガネの平凡なおじさんで、
平和の使者的なイメージを持つ人が多いけれど(画像は敢えて載せません(笑))


私はもっと人間臭くて生き様がロックな本来のジョンレノンに魅了されています。





ビートルズデビュー前の相当ワルくて荒れ狂っていた少年時代~前身バンドから続く、

破天荒でハチャメチャで毒舌の皮肉屋さんの辛辣キャラ。


私生活も、世間で思われているような平和主義ではなくて大抵ハチャメチャで
すごかったけれど







だけどその反面、
曲の中にたまに顔を出す、
とっても繊細で純真で優しい一面。


この人はなんだったんだろうと
ほっとけなくなってしまうような人だと思うんです。


ビートルズを好きになってから、

私は曲もビジュアルもキャラも断然ポール派!!!でしたが
(ポールのことは今でも大好きなのですが。)


YouTubeが普及して、
今まで父親の持っていた音源やマスメディアでの音しか聴いたことのなかったビートルズを
初めてしっかり動いている映像を観るようになってから、


あれ???
初期のジョンレノンって実はイケメンだったんじゃない??( ̄◇ ̄;)
このメガネのジョンだけは無理ー
って思っていたのに。。。。


(ヒッピーみたいな格好のアビーロードの頃とか、ゲットバックセッションのひょろっとしたロン毛のメガネのオタクっぽいイメージが強かったため。)

と、衝撃を受け、



(最初はこの『抱きしめたい』の映像でしたが。)






でも。。。愛嬌あるしかわいいし、
やっぱり断然ポールだよねー( ̄▽ ̄)





だなんて、
ジョンレノンには見向きもしませんでした(笑)






でも、
ジョンレノンのことは知れば知るほど
気になってしまう。

あれほど音楽理論的に綺麗にまとまったポールの曲の方がいい!と思っていたのに、
ジョンのある意味破壊的で独創的な??曲は、聴けば聴くほど心に残ってしまう。。。。



なんでかなー?
なにかなー???


こんな私生活もキャラもわけわかんない破天荒なひとは苦手だと思っていたのになー


なんて思いながら、



もうダメだ、
ジョンレノン、かっこいいのかもしれない。。。



と、決定打を打たれたのは、
こちらのLIVE映像。



『Come Together』


この曲はずっと昔からかっこ良くて大好きだったのですが、
この映像で歌っているジョンをみて痺れました。

こんな曲を作っちゃうジョンのことも尊敬しちゃうし








(今、改めてよくみてみるとこのジョンは73~75年ごろのアメリカのLIVE映像だった気がするので、映像色々差し替えられてますね。ウィングス時代のポールも映ってるし。これがリアルなら最高の映像なのですが。。。)




そんなわけで今では無類のジョンファンです。
ジョンの私生活も何から何までカリスマ性に溢れてて大好きです。
素直に認めます。




そんな私が今、
ビートルズの中でも特に好きな曲が
(全部好きですけどー)
上記のCome Together以外にも



私の心の中に眠っているはずの?
優しくて繊細な部分をジワーッとした
温かさで浸して切なくえぐる?
Strawberry Fields Forever


この曲は6年ほど前にもブログで書いたことがあるぐらい、ダントツで好きです。


それから以前ブログでも紹介した
壮大で幻想的な世界観についひきこまれてしまう
Because


狂気じみてるほどの熱烈なラブソング
I Want You(She's So Heavy)


同じ意味で
みっともないぐらいストレートで
オノヨーコへの依存心や愛が爆発しているこの曲。
Don't Let Me Down

まるでブルースのようなかっこいいリフに、
破裂するような『どんれっみだーん!』
のフレーズは初めて聴いたときは衝撃的でした。
このセッションのときのジョンは完全に甲斐性なしのヒモ男みたいになってますけど。。。(笑)


それから1度聞いたら
その童話のような世界観にクセになってしまい
何度も何度も何度も何度も繰り返し聴いてしまった

I Am The Walrus


(お。。。やっとプロモがYouTubeに上がったわ★このプロモ、持ってるんですけどYouTubeになくて、最近までOASISのカバーなどなどしかなかったんですよー。それもかっこいいのでぜひ聴いてみてね!)

この曲はスルメです。
噛めば噛むほど味が出る。
そして個人的には、
このプロモ大好きです。
このときのジョンのビジュアルも1番好きかも。
‥薬物でアタマやられてそうですけども。(笑)



‥さっきから毒舌でごめんなさい。


この曲やストロベリー~がおさめられている
アルバムの中では、
最初はポールの『ペニーレーン』とか
『ハローグッバイ』とかの方がまとまってて好きだったのですが、
今ではこちらのジョンの曲の方がしつこく聴いてしまいます。



それから
サイケデリックでファンタジックで
浮遊感のある世界観が素敵な

Lucy in the Sky with Diamonds

これも完全にLSDの薬物の影響大の曲ですが。。。(笑)
かわいい曲だしゲーテの
『ミニヨン』の詩に通じるようなカラフルな詩が大好きです。


それからもうちょっとシンプル(地味?)なところに戻って?
アルバム『ラバーソウル』ではやっぱり

ノルウェーの森

この曲のイントロを聴くと瞑想にも似た気分というか、
すーっと心の波が引くような鎮静効果があります。

インドの楽器のシタール効果かな。。。??


同じ瞑想効果といえば、
先日ブログでもご紹介したホワイトアルバムの

ディア プルーデンス


この曲も瞑想に最適ですよ。
まぁそりゃそうですよね。
インドの修行中に作られた曲なのだから。




‥話をラバーソウルに戻して。
私が中高生の頃に、
なんだこの渋さはー!!と、
とても苦手だったこの二曲。(笑)
二つともジョンの曲だったのですが、
今ではノルウェーに並んで、
この二曲がこのアルバムのBest3に入るほど大好きです。

Girl


ジョンの少しハスキーな声にしびれます。
息を敢えてスーっと吸うところも好き!!
コーラスも面白い(笑)


それから
IN MY LIFE』。

この曲は中2の頃かな?
英語の授業で穴埋め問題で聴いたときに、
うーん、微妙!
と思った記憶があるのですが
(それよりイエスタデーやレットイットビーが好きー!!と思っていたので。)


歳を重ねれば重ねるほど、
この曲の素晴らしさが身に沁みる。。。


こう言える人生って素晴らしいなぁと
しみじみ思うのです。

それと同時に
ジョン自身は34年前の12月8日。
銃弾で倒れて人生の幕をおろしたときに
このように思えた人生だったのだろうか。



と、この曲を聴くたびに思うのです。
そうであってほしいと祈らずにはいられなくなり、
そしてこの曲を聴くたびに、
この曲を遺された私たちの心に、
穏やかさと少しの切なさがせめぎ合うのです。


また歌詞はいつかどこかでご紹介しようと思いますが。。。。





それから、
毎回聴くたびに胸を締め付けられてしまうのが
ジョンの死後、妻のオノヨーコによって託されたジョンの肉声のデモから
最後のセッションが完成したという

1995年の


FREE AS A BIRD

REAL LOVE

どちらも繊細な美しさがある曲で
涙を誘います。

フリー•アズ•ア•バードなんて、
大らかで伸びやかに、空を飛び、
自由気ままに高みから地上を飛行しているかのような浮遊感があって、
ジョンの魂もそうであればいいのにと願ってしまいます。


リアルラブも
ジョン人生の集大成や、
ジョンの生きた意味を
サビの穏やかで優しげなメロディが
悟りにも似たようなテンションで奏でてくれているかのよう。


それが私には、
もうこの世にはいないはずのジョンが
メッセージを新たに残してくれたかのように感じるのです。


この二曲を聴くたびに、
ジョンの生きた軌跡を想います。


最期は悲劇ではあったけれど、
生い立ちだって、恵まれていなかったのかもしれないけれど、
愛に満たされずに飢えていたことだってあったかもしれないけれど、



それでも彼は本来とても優しくて
繊細な人柄で、
そして穏やかで幸せに満たされた人生を送ることができたのではないのかと。


それと同時に、
なぜこの人が殺されなければならなかったのだろうと
悔しくてたまらなくなるのです。


一体何をしたのだというのだろう。



ジョンが殺害された当時の
日本のニュースを映像でみたことがありますが、

そのときに妻のオノヨーコさんのご親族で、休暇を一緒に軽井沢で過ごされたという方が出ていました。







ジョンのことを
本当に本当に繊細で優しい方で、
オノヨーコさんとは一心同体のようで、
そしていい意味で枯れた方でした、

と表現していました。


世界中のあらゆる贅沢をし尽くして、
お金も名声も権力も手にして、
でもすべて何もないことに気が付いて、

小川のせせらぎや
木々のざわめき、


そんなものに心を満たされるような人だったと。







そんなジョンのことが
本当に大好きです。



若い頃のハチャメチャさだって、
無邪気に音を楽しんでいるこの頃だって

Twist and shout
(このリードボーカルで凄みのある声を出すジョンがまた好き!)

アイムダウン
(このシェイスタジアムでのコンサート映像で楽しそうにバックコーラスANDキーボードを掻き鳴らすジョンがまた好き!)


色んな意味で枯れ果てたジョンレノンが、
また好きだなぁー。








できることなら、この地球上で会いたかった。

ポールみたいに、
LIVEで見てみたかったです。


でも、それが叶うことが後にも先にも永遠にない。


そんな手の届かないジョンに、
魅了されている私。


このブログの記事は実は序章に過ぎず、
そんなジョンの面影を追い求めて
9月に行った、ジョンも愛した軽井沢。


あのジョンの軌跡を辿った日々を、
ジョンの命日に因んでこれから振り返りたいと思います。






スポンサーサイト
[ 2014/12/08 21:20 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1486-a79ffdd9