上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日はちょっと難しい!?外貨両替のお話

恐ろしいぐらいに円安が進んでいるとのことで、
2ヶ月前からハラハラと手に汗を握って見守り続けていた為替レート。


2ヶ月前。
12月の時点では1ユーロ=150円代まで上がり、なんじゃこりゃあああ。
このままいつまで上がり続けるんだー!?
いつ両替すべきだー!?
と、私の中ではちょっとした騒動が
起こっていたわけですが、
仕方なく日本円にして、
13万円ほどの購入をユーロ建てで行いました。



それが1月に入り、
今から1ヶ月前のユーロ&円のレートがこちら。




140円まで下がってる。。。。

ここで、諸用があったため、150ユーロ、海外送金をしました。
(UFJにて。)

たかだか21000円を送金するのに
送金手数料だけで7000円近かったですよー(T_T)
結局ラッキー♪レート下がったー( ´ ▽ ` )ノ
なんて思っていても、
手数料込みで3万円弱もかかった。


手数料ってバカにならないのね。。。
日本と海外。
いくら世界は身近になったと言われても、
大きな壁を感じた瞬間でした。


そうこうしているうちに、
日々ユーロが下がっていき


とある日。



これまたとある日。




例によって
1ヶ月前のスイスフランショックが起こり、
EU圏も大打撃。

ユーロも一気に下がった。




ついに132円代まで!!



ある日は130円まで落ちました。




二ヶ月前まで150円代だったのに。
これは100万円両替したとして、
10万円ぐらい得する計算になります。


きゃーーー!!!
今替えどき!???
それとももっと下がる???


120円代まで落ちてくれると非常に嬉しいんだけどなー。





密かに期待しながら毎日レートを見守っていたら
(スイスフラン騒動直後の経済新聞の未来の読みを読んだら、2016年9月までなだらかにユーロ安が進むと書いてあったので。。。)


今度はユーロが反発し出して、
結局135円代まで力を回復し出し(ー ー;)


ちなみにこちらが本日のレート。



10日以上、134~136円を行き来している様子をみると、
あの130円のときに替えておけばよかったなぁと大変悔しい想いをしています(T_T)


それでも2ヶ月前に比べたら随分下がっているので、
あのとき早まらなくてよかったなぁというレベルなんですけどね。


そーんな一連の外国為替市場に翻弄され、


じゃあ一体どうやったら
少しでもお得に両替ができたり
海外送金ができるのかしら??
と、ネットでめちゃめちゃ調べたここ1ヶ月。


そこで、色んなことを学びました。



今までは、海外旅行に行く際に
空港やら現地の両替所、
そこらへんの銀行で
なーんにも考えずにポイポイ両替していた私ですが、


実は両替手数料が無駄にかかっていたんだな、
ということを今回初めて知りました。









海外に送金する
(円建てで。)
ただそれだけでも
UFJやみずほ銀行などの大手銀行で
手数料6000円~それ以上かかったりするので、
ゆうちょ銀行の送料3500円の安いところで。。。

と、つい思ったりしがちですが、


ここに思わぬ落とし穴があるそうです。


なんと。
各銀行で記載されている、
この主な金額は
単なる『海外送金手数料』なだけで、

実はそれ以外に、
『両替手数料』なるものが1ユーロにつき上乗せでかかっているんですけれども、
そこがゴッソリ抜けているという事実。。。



普通だったら、知らないで両替しちゃいますよねー。


ハイ!って窓口で日本円を渡して、
戻ってきた外貨を仕方なく!?受け止めるしかないですもんね。



でもその両替手数料。
実は銀行や空港で両替すると、
1ユーロにつき4~6円ずつぐらい上乗せされてるそうです。

つまりその日のレートで135円だったら、
141円の計算。


これって1000ユーロ(14~15万円)両替すると、
6000円ぐらいを銀行に無駄に??納めてることになってしまいますよね。


だから、
両替手数料6000円➕海外送金手数料6000~8000円(または一万円以上)
を、
両替の際に自分の手元には来ずに銀行に支払うことになっているわけです。



世の中の仕組みとか
経済の仕組みとかぜーんぜん分からないで
生きてきたけど、

海外で暮らすって大変なのね(T_T)

どんなにコツコツ地道に生きていても?
色んな銀行の利益や損得に翻弄されて、
生きているわけですね(T_T)


うーん。生きていくって大変(T_T)



そんなことを感じたこの1ヶ月間。
(んな大袈裟な(笑))


経済とか最も苦手な分野だけど、
もっと勉強しておけばよかったなー。
そう思うと、
世の中をうまく渡り歩くためにも
勉強って大切だなー。



とある著名人の方と仕事で対談したときに
『夢を叶えるために大切なことは?』
という話をしたときに、
真っ先にまずは情熱。
そしてそれを実現するための

読解力と理解力

と、おっしゃってましたけど、
それをつくづく感じる。
夢を叶えるためには、野望だけじゃ
絶対だめ。
随所随所にクレバーでいなくちゃね。




…そんなわけで、
商才は皆無だし、
経済(エコノミクス)的なセンスも冴えないし、
理系的なひらめきや情報処理能力もイマイチ平凡な私ですけど、


読解力と自分なりの思考力だけで
学生時代の勉強もカバーしてきて、
理系もそこそこの水準まであげてきた私は、
今回の外貨両替ひとつに関しても、

うーんうーんと頭をひねりながら、
超ド素人で試行錯誤なんですけど、
少しでもお得にしたい!
(そのお金を別の有意義なことに使いたい)
一心で、
とある結論に行き着きました。





それは、こちらの手数料一覧を比べてみると一目瞭然。




外国為替を取り扱っているFX口座を開設して、
そこで自力で外貨両替をしてしまう。


そうしてしまうと、
大手銀行だと1ユーロ=6円ずつ手数料がかかるのに対し、
マネーパートナーズなどのFX口座で
自力で両替してしまうと、

なんと
1ユーロ=0.2円。

つまり20銭。
1円もかからないため、ほぼレートの表記のまま両替ができてしまうんです。



そんな、FXで両替したユーロを、
ユーロ建てで預金できる口座に出金し
(日本だとシティバンクや新生銀行など。)、
そのまま海外の口座に送金する。



この方法が1番お得だということが
判明し、
早速FX口座を開設してみることにしました。



私の場合はマネーパートナーズのFX口座。



そして外貨出金用に
シティバンクか新生銀行の
口座も開設!



二つの特徴をそれぞれうーんと比べた結果、
こういうことをするのには
シティバンクが最もお得で向いてるみたいですけど、
様々なメリットやデメリットを考えた末、
私みたいなタイプにはシティバンクは向かないし、後々自分の首を締めるな、
と思ったので
(詳しくはそれぞれ調べてみてください。ここでは割愛。)


新生銀行を新規開設することにしました。


新生銀行だと国際キャッシュカードで
日本円を海外で外貨にして引き出すこともできますしね!
(レートが良くないけどいざというときのために(^^;;)


そしてクイック入金には
もともと持っていた三菱東京UFJダイレクト。
これで入金の手数料も無料。

そしてユーロ両替➡︎新生銀行に出金する際も
月に一回であれば手数料も無料。

あとは海外送金に一律4000円のみ。



それでも4千円かかっちゃうんですけど(^^;;
それでも格安な方ですねー。


そんなわけで慣れないFXに初挑戦!
外貨両替のためにネットで悪戦苦闘している今日この頃です(笑)

こんな感じですよー(^^;;









まーた時間がなくて結局両替したのが
136円のレートの日(ー ー;)
渋りすぎてほんとにアホなことをした。。。。
(それでも私がヨーロッパに行くときは毎回円安で145円切ったことがないので安い方なんですけど(*_*))




なんとかできました!!



こうなったらもっと早くから
外国為替取引(外貨預金)も挑戦しとけばよかったー。
(スイスフランショックのあとにこんな話もどうかと思いますが(^^;;)
10年前から興味はあったのですが。。。
なかなか手を出せずにいましたからね。
今回は両替のみの利用目的ですし。。。





あと、
こちらのマネーパートナーズの取引では、
外貨をそのまま空港で受け取ることも可能です!













ただし手続きに最短8日から
2週間近くかかります。
私も出発が近いので、空港受取サービスを利用してみることにしました!
間に合ってよかった!!!



そんなわけで、今回初めて利用してみた
外貨両替のあれこれ。

やり方によっては、10万円以上得するので、
こちらも慎重に考えて準備すべきですね。


私は1ヶ月以上かけて口座開設から準備をしました。
今後の海外旅行でもぜひこちらをうまく利用しようと思います。


皆さんもぜひお試しあれ★



それにしても円安ーーー
これ以上進まないでー( ̄◇ ̄;)
1渡航者としては、円高の恩恵にあやかりたい!!!





それではまたー!







スポンサーサイト
[ 2015/02/15 13:33 ] ライフスタイル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1496-2dc92e46