上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そうだ京都に行こう!第5回目~毘沙門堂・今宮神社のあぶりもち再び~

12月2日。
明日は私の誕生日!
ですので⚪️⚪️歳(⬅︎悪あがきで伏せてみる(笑))最後の日ということになります。




今までの自分を今日までにまとめて閉じ込めて、
新しい1年を迎えたいと思います。



…そんなわけで
またしても1週間ぶりの京都に行ってきました(笑)今度は母親と。
ここ最近毎週のように行ってます。仕事の休みのたびに。(笑)

この1ヶ月で5回目です。
こんなにこの時期に頻繁に京都に来たことがなかったので、とても嬉しいです。



まずは最初に滋賀に行き、数年ぶりに祖母に会いました。




そして祖父の滋賀県にあるお墓にお参り。



新しいお墓なのでここに祖父が一人で眠っています。
明日は私の誕生日ですが、明後日は祖父の誕生日。
一緒にお祝いです。(先週は命日。)



祖父と私♪


いつもお盆や正月にお参りに来てたので、周りの山が色付くこんな季節に来たのは初めてです。
こんな景色を静かに見ていたんですね、おじいちゃん。
ここでも小高い丘から静かに見守ってくれていたのでしょう。


またしても『アナクレオンの丘』の世界観を思い出します。




゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:

アナクレオンの墓
⬅︎タイトルをクリックしてね!美しい曲が流れます!!
ゲーテ作詞


薔薇(ばら)の花が咲き
葡萄(ぶどう)の蔦(つた)
が月桂樹に絡む

雉鳩が誘い
蟋蟀(こおろぎ)が歓を楽しむところ、


すべての神々が生きとし生けるものに
生命を吹き込み植え飾るこの場所に
そのお墓がある

これは一体誰のものだろう?

これは他ならぬならぬアナクレオンの憩いの地。



春や夏、そして秋と幸多き詩人は歌をつくした、
そして迫り来る冬…

丘がこの地をしかと守ってくれるだろう。



※訳…わたし。


“Anakreons Grab”
Wo die Rose hier blüht,
wo Reben um Lorbeer sich schlingen,
Wo das Turtelchen lockt,
wo sich das Grillchen ergetzt,
Welch ein Grab ist hier, das alle Götter mit Leben
Schön bepflanzt und geziert?
Es ist Anakreons Ruh.
Frühling, Sommer und Herbst genoß der glückliche Dichter;
Vor dem Winter hat ihn endlich der Hügel geschützt.


※アナクレオンというのは、
恋、酒といった人生の楽しみをあざやかに歌いあげた
紀元前6世紀のギリシャの抒情詩人です。


゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。


残念ながら記憶にまったくないのですが、
祖父は本当に優しくて穏やかな人だったと知っている人誰もがいいます。
私のことを本当に本当に可愛がってくれたとか。。。
私も祖父のことが大好きだったそうです。

今、生きていたら一体どんな会話をしてたんだろう??


孫の中でこの世で祖父と対面しているのは私と、それから生まれて1ヶ月の弟のみです。
だから私が孫代表として、供養していきたいと思っています。

祖父は癌で60歳でこの世を去りました。あっという間だったそうです。
今の時代で考えると早いですね。
父は60歳になったとき、また61歳になったとき、
とうとう親父の年齢を超えてしまったぁぁぁぁ!!!!と感慨深く言ってました。


先週、命日のときにとても神聖な気持ちになったこと。
忘れることができません。忘れるわけにもいきません。
とても特別な気持ちで、今日もお墓の前に立っていました。



そうして続いて向かったのは、山科。

1週間ぶりの毘沙門堂。



とっても静かで清まった空気。
心が洗われるようでした。

しかし、たったの1週間で紅葉はもう終わりかけでした。








なんということでしょう!
1番旬なときはとても刹那的で、今ここ!という最高の瞬間は
あっという間に過ぎ去ってしまうものなんですね。
時は刻一刻と進んで行き、1秒たりとも待ってはくれない。


先週11月26日の時点ではこんなに見事だったのに。(先週のブログ参照ー!)



今だ!というときを逃しては、なかなかお目にかかれない美しさなんですね。
母には来年1人でも絶対に見にくるように伝えました。(笑)

でもこの落ち葉の季節も風情があってなかなかいい。
盆栽や茶道、日本文学などにみられる『侘び寂び』の枯れた文化は
こういう時期の切なさ、寂しさの中でこそ生まれるものではないでしょうか。




空気もキリリと引き締まり、いよいよ本格的な冬の始まりです!





落ち葉の絨毯にて♪





そうこうしながら、2週間ぶりに今宮神社に出向き
今年2回目のあぶりもちー♪
2回も食べられるなんて贅沢(≧∇≦)幸せだぁー!!




2週間前に来たときのみずみずしい秋の始まりや鮮やかさは息を潜め、
にぎやかな時期が終わった後、という感じがします。
哀愁を帯びていますが、この思慮深く感傷的な季節もまた美しく素敵だと思います。


空には明るさの中にお月様!!





そうして、またかざり屋さんで4皿、




一文字屋さんで3皿





二軒はしごして、ペロリとたいらげたとさ✴︎


美味しかったー(≧∇≦)たまらなかった!!
今度はいつ食べられるのかな。



そうこうしながら、パワースポットとして名高い世界遺産の上賀茂神社に向かったり
(ただし時間が終わってて外から見ただけー。)

BGM♪
『道』


大原まで車を走らせて美味しそうなマクロビカフェに向かったり!!
(ただし閉店してて食べることができず、ただドライブしただけ。。。)



ああー。大原行きたかったなT^T
♪京都~大原三千院~♪

私は以前も書いたことがありますが、
NHKの『猫のしっぽ カエルの手』というベニシアさんの番組の大ファンなのです。


『ベニシアさんの番組』



また大原に行かなくちゃいけなくなっちゃいましたね。。。


とは言っても年末年始はバタバタしているため、もう今年はこれで最後だと思います。
年明けに宇治にいく予定ですが。
こんなに毎週通った京都の秋も、とりあえずこれで終止符です!

季節の移り変わりを肌で感じられて、幸せでしたーー!!

日本の四季は素晴らしい!!!



2月までになんとか大原に来れたらいいのになぁ。。。。
でも雪が降り積もって難しいかな???


なーんて思ったりしたのでした!!


京都紀行、おわりー!

スポンサーサイト
[ 2014/12/02 23:49 ] 心のふるさと京都♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1519-36acee0f