上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒーの美味しい淹れ方講座と簡単ラテアート☆

最近お気に入りの近所のカフェにて。(徒歩3分ほど。)


※サーモン、クリームチーズ、オレンジを挟んだクロワッサンサンドが絶品!!
サラダもトウモロコシのドレッシングも美味しいんです(≧∇≦)



今日はここでバリスタ講師による、
プロの『美味しい珈琲の淹れ方講座』というものがありましたので参加しました(≧∇≦)




知らなかったこといーっぱい!!すごくタメになりました!!


まずはコーヒー豆知識!!(シャレではありません)


とりあえず覚えていることを箇条書き。。。




・コーヒーの賞味期限は1年間。

・地球上の北緯、南緯10~20度はそれぞれワインのとれるブドウ栽培が盛ん。
コーヒーはその真ん中に帯のように走っている赤道地帯で栽培されます。
北緯25~南緯25度だそうです。おもしろい!!

・コーヒーは沸騰したてではなく、そこから少し冷ました90~32,93度のお湯がベスト。
ちなみに紅茶は沸騰したての100度。緑茶は60度の冷まし湯がベストな美味しさ。

・ちなみにミルクをあたためるときに1番甘みが出て美味しいのも60度。
タンパク質を壊さない温度なんだそう。ホットミルクを美味しく飲む温度なんだそうです。


・コーヒーを挽いたとき、粗めに挽くと軽くてライトになる。
細かいと濃くなる。

・カプチーノはイタリア、カフェラテはアメリカ、カフェオレはフランス、
マキアートはアメリカのシアトル出身。


・1人前は擦り切り一杯分で軽めのものができる。




・コーヒーフィルターはドリッパーの取っ手を右手にして、
縦のラインを内側(こちら側)に、底の部分を外側(向こう側)に折る。



・ドリッパー、ロト、グラスボールという名称。

・メリタ、カリタなどのメーカーさんがドリッパーを販売してますが、
それぞれお湯を落とすのに底が1つ穴、3つ穴と種類が分かれている。
プロは3つ穴。家庭用は1つ穴なんだそう。


・お湯が全部落ち切る前にお湯を足していく

・コーヒー成分は7割残すと苦味成分が出ずに美味しくなる。



そんなことをふまえながら、早速実践へ。





非常に興味深かったのは、よく多くのバリスタさんが、ぐるぐるポットを回しながら
コーヒーをドリップしているイメージですが、これはぐるぐる回してはいけないらしく、
ほそーい出口の先を使って1円玉ぐらいの大きさの丸でお湯を足していくのがミソなんだそうです。


そうじゃないと、コーヒーの苦味成分とか美味しくない成分まですべてそぎ落としてしまうし、
何よりフィルターの紙の味まで連れてってしまうらしい。



知らなかったーー!!!



そして新鮮なコーヒー豆はお湯を足したときにゆっくりと膨らむそうです。
こんな感じ。





もう既にコーヒーの香り高いアロマが漂ってきます!!!
うーん。いい香り!!!!



逆に新鮮じゃないものはこんなに膨らまないそうですよ。
市販のドリップ珈琲で試してみましたが、その違いは一目瞭然でした!!



そうしてお湯が落ち切る前にまた同じ小さな穴に足していきます。





そうこうして、お湯を注いだ後にこのようにコーヒーの分厚い壁が出来上がっていることが
理想的!!!!なんだそうです。




ものすごく見事な壁!!!
これが7割残して余計な苦味成分まで使わない、ということなんだそうです。



ものすごーくコクがあって、複雑で余分なものが何もない、素晴らしくマイルドな味わいでした。
香りもたまりません。気持ちが安らぎます。



逆に、悪い例もやってくださいました。





こうやって全体にお湯を注ぎすぎて、壁を剥いでしまい、
フィルターまで染み込ませてしまうこと。
確かに酸味や苦味も混ざりそうだなぁぁぁ。。。



その後、エスプレッソで家庭でできる簡単ラテアートも実践してくださいました!!



まずはエスプレッソを淹れます。




エスプレッソの淹れ方は簡単!お湯をさっきの半分にすればいいだけです。
出来上がり半分になるため、先生はラテアート用に三杯分エスプレッソを作って下さいましたが。



そして60度。1番甘くて美味しい塩梅のミルクをハンドミキサーであわ立てる!!!







先生は

『カフェラテやラテアートはカプチーノではなくてミルクを美味しく飲むためのものだと思ってる。』

と、何度も繰り返しおっしゃってました。
なるほどねー。納得です!!



そうしてフワフワになったミルクを…………




エスプレッソに加えます!!!!(エスプレッソは下の方にちょっと入れるだけ。)





もうこれだけで美味しそう!!!


ここのカフェではこんなカプチーノを飲むことができますが、いつもこのキメの細かい
ふわっふわで甘いミルクに感動しています。
他にはない、クリームのような泡立ち感なのです。




更に今日は簡単ラテアートということで、チョコレートシロップと竹串、楊枝などを使って。。。








わーいかわいい( ´ ▽ ` )ノ
今流行りの3Dラテアートもこんな要領で作っていくそうです!!
家でも美味しいラテが簡単に作れそう!!それだけで気持ちが潤いますよね( ´ ▽ ` )ノ


とっても心が潤った心地よーいひとときでした!!





…その後、茶道のお稽古で抹茶をたてたとさ(笑)



コーヒーの美味しい淹れ方講座と簡単ラテアート☆おしまーい!( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト
[ 2014/11/16 23:14 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1523-16f9b752