上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

癒しの信州紀行~栂池高原とみみずくの湯~


『道』⬅︎BGMはこちらをクリック



そうして続いて向かったのは栂池高原!




懐かしいなぁ。ここは私がスノボデビューを飾った場所です。
もう10年以上前。



白馬の山々のスキー場を制覇しまくってる弟が、
栂池は広くて開けてるから、素人が滑りやすい、と言ってたな!!

雪のない栂池高原は、もちろん初めて。
人もいない。



だから、やりたかったことをやりたい放題ーーー!!




ドイツW杯のときの中田ヒデ選手!




こういう高原にくるとサウンドオブミュージックやドレミの歌を大声で口ずさんでしまうのは
明らかに映画の見過ぎですね、はい。(笑)



゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:


「The Sound of Music 」


丘は息づいている! 音楽の調べと共に
何千年も昔から歌われてきたあの歌たちと共に
丘は私の心を満たしてくれるの
音楽の調べと共に
私はそれらの歌をすべて歌いたいような気持ち!!


私は湖や木々を飛び回る鳥の翼になって羽ばたきたい
そよ風に乗ってそよ吹く教会の鐘の音のように口ずさみたい
河原の石の間を踊るように流れる小川や、
祈りを捧げるように啼くひばりみたいに、夜どおし歌いたい

私は淋しくなると丘へ登るの
それらの歌を聴けることを知っているから
私はそれらの音楽に心を満たされるでしょう
そしてまた歌うのです


訳…わたし


The hills are alive with the sound of music
With songs they have sung for a thousand years
The hills fill my heart with the sound of music
My heart wants to sing every song it hears

My heart wants to beat like the wings of the birds
that rise from the lake to the trees
My heart wants to sigh like a chime that flies
from a church on a breeze
To laugh like a brook when it trips and falls
over stones on its way
To sing through the night
like a lark who is learning to pray

I go to the hills when my heart is lonely
I know I will hear what I've heard before
My heart will be blessed with the sound of music
And I'll sing once more


【日本語歌】

鳴き渡る鳥の声は 今日もまた楽しげに
清らかに水は流れ
春を告げるその歌

羽ばたく小鳥の羽のように心軽く
そよ風に鐘の音も 響き渡り
流れる小川の歌 心躍る
どこまでも澄みわたる青空!

ただ独り 丘に登り
懐かしい愛の歌
口ずさむ心の歌 永遠(とわ)にまた…




゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゚・*:.。. .。.:


はい!気分はマリアです!!




その後はこんなところに連れていってもらいました。
オススメの穴場スポットだそうです。


場所はここ!



まさしく♪清らかに~水は流れ~♪ですね。



その後はまた弟がオススメと言っていた、たまご肌美人になれる温泉!
(ボードの帰りにしょっちゅういろんな温泉を開拓しているらしい。)
八方温泉 みみずくの湯


ここのとゅるんとゅるんのお湯を体感し、
露天風呂で荘厳な夕方の白馬三山を眺めました。


もうこれも絶景のなんのって。素晴らしい。
さすがに温泉にiPadを持ち込む勇気はなかったですが。。。
素晴らしい山々がすぐ目の前でした。あたりも静かで、本当にいいお湯です。








そして入浴中はまだ明るいホワイトグレー?で山が輝いていましたが、
お風呂から上がってペンションへと向かっている途中、
だんだんと日がくれていきました。でも見事な満月だったので

月のあかりで山の稜線が、夜になってもくっきりとみえるのでした。



続く♪



スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1539-914a03a5