上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

軽井沢よ 永遠に~ジョンレノンゆかりの万平ホテル~

石の教会のあとに向かったのは
かの有名な万平ホテル!






ここはジョンレノンが家族と共に何ヶ月も滞在たホテルとしてよく知られています。
老舗の高級ホテルですね。


BGM
『Strawberry Fields Forever』

ここのアルプス館の128号室。ここがジョンレノンの泊まっていたという部屋です。
いつか泊まってみたーい!!!(≧∇≦)せめてものとドアノブだけはしっかり触ってきましたが!






このホテルのカフェで、ジョンが直々にレシピを伝授したという(ジョンが英国の味が飲みたかったそう!)ロイヤルミルクティーと、ジョンの食べたアップルパイを同じようにしっかり食べましたよ(≧∇≦)





両者とも心なしか懐かしい味がしました。
ジョンはアップルパイが好きだったんだなぁ。ジョンの描いたイラストにも出てくるもの!!
ギャルソンさんに聞いたら、ジョンファミリーはいつもこの角の席に座っていたそうです。



座りたかったけれど、すでに先約がいらっしゃいました。ざんねーん!







※万平ホテルでのワンシーン。



この万平ホテルの記念館では、ジョンが触って欲しがったと言われるピアノや
当時の写真も展示されています。




幸せそうなひとときが伝わってきます。幸せだったのでしょう。
自由に触ることができますので私も大好きなジョンの『ストロベリーフィールズフォーエバー』を弾いてみる。。



うーん感激ー(≧∇≦)しかし調律がヤワすぎてびっくりしたっっっ!!( ̄◇ ̄;)
なにこれ!!予想外の狂った音が響きまくって、もはや曲にならない(笑)
こんなクレイジーなピアノ初めてです。



オノヨーコさんの別荘がこの万平ホテルのすぐ近くにあるとのことで、
いくつかの情報を手がかりに探してみましたがなかなか見つからず、
こちらもまた恥を忍んでお店の方に聞いてみることにしました。


そして教えてくださったので、行ってきましたよー。見つけました!!!




この白い家!!思ったより小さめですがものすごく広い土地です。(笑)
35年ぐらい前のままなんでしょうね。今はもう使われていないと聞きました。
きっとオノヨーコさんたちご家族も、楽しかった幸せな日々を思い出してお辛いのかもしれません。
この時代のジョンは本当に穏やかで幸せそうでした。心の奥がぎゅーっとなります。



※ジョンと息子のショーンくんの別荘でのようす。こんな姿がよく目撃されたそうです。


それにしても万平ホテルまで、この別荘から徒歩3分もかかりません。
こんなに近いのに何ヶ月もこの高級老舗ホテルに休職中に滞在していたなんて。(笑)
さすが天下のジョンレノン。すごいですね。一般人にはできない感覚です。


でもこの地をジョンレノンがつかの間の幸せを感じていた愛溢れる場所だと思うと、
ここに来れたことに私自身も喜びを噛み締めます。






★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

僕と一緒に行かないか
あのストロベリーフィールズへ
全てはただの夢 現実とは非現実 
ぶらついても何も無い
ストロベリーフィールズよ永遠に


目をつむれば生きていくことは簡単だよ
君が見ているものをすべて勘違いしながら
なにものかになろうとすることは難しい
けれどもなんとかうまくいくものさ
僕にとってはさほど重要なことではないけれど


僕と一緒に行かないか
あのストロベリーフィールズへ
全てはただの夢 現実とは非現実 
ぶらついても何も無い
ストロベリーフィールズよ永遠に



僕が思うに、誰も僕の木には登ろうとしないみたいだ
僕の木は高すぎたのか、低すぎたのか
誰も僕のことを理解できないのだろうか
でも、そんなに悪いことでもないかな
僕と一緒に行かないか…あの、ストロベリー・フィールズへ


全てはただの夢 現実とは非現実 
つまり…ああ、そうだ、全部がおかしいのさ
君と僕とは別の人間
僕と一緒に行かないか…あの、ストロベリー・フィールズへ


ストロベリー・フィールズよ、永遠に...




『Strawberry Fields Forever』BY The Beatles




★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚





つづく。




スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/1543-637d8746