上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北海道珍道中

  


お盆は矢田家親族一同で初めての2泊3日北海道旅行~美瑛~洞爺湖~に行ってまいりました。
写真






【夏の思い出】





矢田家2家族と祖母、総勢9名(うちの長男の弟Kは欠席。)での北海道強行バスツアー。



すべての事の発端は我が父だった。
ある日、父がネットでお得な北海道ツアーを見つけた!!!と言い出し、
わけもわからず、言われるがままに当日、中部国際空港(セントレア)に集合。





青空眩しい快晴のもと、飛行機は北上し
3時間後、矢田一族は無事に新千歳空港に到着。


言われるがままにバスに乗り込み、約2時間ほど。
せっかくはるばると北海道まで来たというのに、なぜか中華な雰囲気の拭いきれぬ、中国人が経営するホテルに到着。

ここが今夜の宿泊先である。



その時点で嫌な予感がしていたが・・・やはり!!!
ホテルの内装も完全なるチャイニーズ。



エントランスやフロントのギラギラ感も中国、もしくは昭和のおばあちゃんたちの温泉旅行の雰囲気そのままに、
天井、壁、フローリング、なぜかエレベーターまで
決して趣味のよろしいとは言えない、ゴテゴテな色使いに既に目も気分もヤラレっぱなし
酔いそうな我ら(笑)





ここには北海道らしさもカントリーサイドに来たという癒し感も微塵もあらず、我々のテンションも上がらない。






なのに、なぜかホテルの従業員は全員アロハシャツ
団塊の世代のバーコード頭の方々のアロハシャツは、まさに時代錯誤そのもので、
昭和のワイルドワンズなどの雰囲気を思わせる。









そして、部屋の中はオンボロの畳が敷き詰められた和室。
・・・にも関わらず、なぜか天井にはド派手な色使いのシャンデリア。


写真
写真


しかも傾いてるという、悲しさを演出





更に、タタミ・木造の天井・シャンデリア・ときて、
部屋の奥にはベルばらに憧れちゃって西洋ナイズされた、高度経済成長期の豪華絢爛なイス。

写真


ケバイです。
完全に時代錯誤です。

そしてトドメで、まさかの、大仏の墨絵発見。

写真

なぜかトーマスまでいるという豪華オマケつき。






統一感なさすぎやろ、おい!!!(TT)






同室のいとこのゆかりちゃん、なおみちゃんもショックを隠しきれない様子。(笑)




夕食のビュッフェも、従業員はみんな中国人。

超バブリー、かつ果てしなくだだっぴろいフロアに人々がぎゅーぎゅー詰めに押し込められ、
ざわざわした中、人に追われるように落ち着きなく食事を取る。
気分としては、スキー場の食堂



北海道といえば食!!!!という信念を何年も持ち続けていたのに、この一食でいとも簡単に崩された。
500人ぐらいもの人のごった返す騒然とした雰囲気の中で、ゆっくり味わうという感覚はなく、
海鮮寿司もとうもろこしも、しなびてる。
ラーメンなんて、インスタントの味。
何を食べても感動はなく、むしろ味気なくて箸が進まない。
そんな中、なぜか中華料理だけが美味しかった。





夕食後はバスツアーの一貫で夜景を観に山に登った。
パノラマな夜景でとても綺麗だったが、その絶景を邪魔するほどに蛾が大量発生。うぎゃー!!!

視界が、大嫌いな蛾のせわしないはばたきでやかましかった。
写真
弟と私。↑


帰宅は確か23時すぎ。
にも関わらず、翌日は朝7時に荷物をまとめ、朝食も済ませてバスに集合、
(←別の宿に移動するから。)
と、ツアーガイドさんに帰りのバスの中で言われたため、

こりゃいかん!!!とその日は慌てて大浴場に入る。。。
数年ぶりの矢田一族の再会をゆっくりまったり喜ぶヒマもあらず。

おまけに、
温泉のはずなのに、なぜか風呂からプールの塩素のかほり

お風呂から上がると、みんなの目が真っ赤


露天風呂には蛾の死骸が大量に浮き、更にその上を何十、何百もの蛾が激しく飛び回っていて

さすがの矢田メンバーも断念。



結局深夜の2時半ぐらいまで、この統一感のない部屋で
娘3人で語り明かしてその日は就寝。
翌朝はきつかったぁぁぁぁ。。。。。





二日目は予告どおり7時半に集合。
しかし矢田家のドンであるおばあちゃんが行方不明になったためバスの出発が若干遅れる。
コノヒト…15年前にハワイ旅行でも行方不明になって
出発遅らせたわ。。。。。
この方、集団行動しちゃだめです(苦笑)




そうして。
朝一発目は旭川動物園



しかし強行スケジュールの時間の関係で、
滞在時間は10時半から12時までの1時間半
更に、昼食は時間の関係でバスの車内で弁当が配給されるという。。。
1時間半で一体何が見られるというのだ!?全部廻れるのかしら?




しかも北海道といえど、あなどるなかれ。
あまりの猛暑に矢田一族を始めとする人間はもちろん
動物たちもすっかりうなだれており、トラもクマもライオンも、
姿を見せないか、隅で寝ているかのどちらか( ̄▽ ̄;)
メインの動物、殆ど見れず。。。。
意味なーーーーーーーい!!!!!!!
夏に動物園は行くものじゃないなと思ってしまった。。。




そして再び矢田家のドン、おばあちゃん。
突然思い立ったかのように「カメラのフィルムがなくなった!買いにいかねば!!!」
と、こつぜんと姿を消した。(←シロクマを観るために長蛇の列を並んでいたのに。)
あれ??どこ行った??とみんなで探していると、遠くの方で通りすがりのツアーガイドさんに「逆走はやめてください!」と保護されている姿を発見。
自由すぎる。。。。。






その後は、何時間もバスに揺られ、富良野、美瑛に移動。
それに関してはさすが広大な北海道!!自然が綺麗!!
ヨーロッパの田園風景にそっくり。
車窓から見えるパッチワークの丘(←様々な色のお花畑等でパッチワークのように見えるのです)
に、とっても癒された。




patch.jpg


ようやくバスを降り、パッチワークの丘散策を許された。
写真



が、滞在時間、、、なんと30分。


おまけに、その30分の短い間にバスツアー客全員で集合写真を撮る。。。みたいな
イベントがあったにも関わらず、矢田一族は3分の2がB型
残りがO型のみで構成されているため、全体的にB型色が非常に濃い!!!
今回もまた、まったくガイドさんの話を聞かず、勝手に自由な行動をとってしまったために、
集合写真に矢田一族メンバー全員が写りそびれるという
大失敗。
集団行動しちゃだめです、この一族・・・(苦笑)



このとき既にツアーガイドさんにも「何かしらしでかす、危険で心配な家族」としてマークされていた我が一族。
ブラックリストに載せられていたことだろう。


それからなにより驚いたのは、
この美瑛、パッチワークの丘で、この30分の滞在時間でなんと!!
高校時代の仲良し、さおりに偶然バッタリ遭遇したこと!!!!!!( ̄▽ ̄;)

写真


世間はせますぎ!!!!
偶然にしてもできすぎ。
だって北海道で、やで?


昔、小学校以来大親友のタニグチと京都の鴨川のそばでばったり遭遇したこともあれば、
スイスのグリンデルワルトに滞在中、近くのスーパーで弟の担任の先生とばったり遭遇した経験を持つ私ではあるけれど。。。

北海道もすごいよねぇ。





なにも同じ日の同じ時間に
この広い北海道のこの場所で遭遇しなくてもねェ。



そしてその後はトミタファームという
ラベンダーの丘へ。
しかしラベンダーの季節も終わったばかり、更に曇天の薄暗さの中、大雨まで降ってきたので
雨から逃げるのに必死な印象のみ。

写真

サルビアがたくさん咲いていた。




その後はバスに揺られて6時間

すべての観光スポットの滞在時間よりもバス移動時間の方が長い!!
(←ついでに睡眠時間より長い。)
今日の1日の締めくくりは東京←→名古屋の高速バスとほぼ同時間の移動かぁ。。。。
と、居心地の悪さにさすがの矢田一族も疲れMAXでみな無口。
そうこうしながら、自民党福田総理時代に(←そんな時代もあったなぁ。。。)
「洞爺湖サミット」の会場として話題になった洞爺湖へ到着。







写真




本日の宿泊先は、このように部屋からこの洞爺湖を一望できるホテル。
ああ、やっとあのヘンテコなホテルから逃れられるね!
やったあ!!などと話していたら・・・


・・・ん??????


どこかで見たことのある、チップとデールのなんちゃってキャラクターの壁画とホテルエントランスでご対面。
んん??このまがいもののチップとデール・・・確か昔、中国に行ったときに見かけたが・・・?
おまけにその下には時代錯誤の昭和な字体で【宇宙一大きい大浴場があるホテル!】
とのキャッチフレーズが。


宇宙一って・・・・(( ̄▽ ̄;)!!!!!!

嫌な予感がする。今回もまた、やっちまった感ムンムンする感じ???( ̄▽ ̄;)




人間の直感とは素晴らしいもので、
その嫌な予感もいよいよ的中な兆し。

はるばる6時間移動してたどり着いた先のホテルのフロントでも、
バーコード頭のおじさま達が一斉に
こちらでもまさかのアロハシャツでお出迎え。


そしてやはり、強烈な色使いで目を休ませる暇もないぐらいのゴテゴテな内装


うーん。。。。おかしいな、なにかのデジャブかしら??????



まさかのまさか・・・いくらなんでもねぇ・・・と、いとこたちと恐々と部屋のドアを開けてみる。。。。。



あ!!!!!!!!( ̄▽ ̄;)!!!!!!



写真


でたー!!!和室に悪夢の(笑)シャンデリア!!!!!



我々矢田家の3人娘は入ろうと開きかけたドアを
思わず一旦閉めてしまったね。

うわあああああ待って待って!!!
今の見た??見たよね??

見てはいけないものを見てしまったような・・・(笑)
気のせいかな?うん、気のせいにちがいない!!!!



しばし議論のすえ、3人でせーの!!で部屋へ入る。



6時間もかけて移動してきたのに、前夜とまったく同じ部屋かい!!!!( ̄▽ ̄;)
(←同系列のホテルだったのねー。)









ちなみに、気になる【宇宙一大きな大浴場】は
確かにでかかった!!!
体育館の2倍以上の敷地に大浴場スペース。
まるでジャンボ海水浴場プール並。アトラクションレベルのバカでかさ
・・・そんなプールの奥にありました(笑)



どこまでがプールでどこからが浴場なのかが分からず、
思わず全裸でプールの方に行きかけた私たち3人娘(笑)

浴場へ向かう男女が普通に通り過ぎるというのに・・・w

露天風呂は洞爺湖が見れてめっちゃ綺麗やねんけど、
やはり、塩素の香りがぷんぷん。
これ温水プールの間違いですよね????

お風呂から上がると、塩素らしきもので、ますます目が真っ赤になった私たち。
私たち、確かお風呂に入ったはず。。。


更にそのホテルには、昔ニュースで報道されていた
中国に突然現れたというまがいもののディズニーランド風テーマパークの
なんちゃってミッキーミニーの人形がばばーんとディスプレイされており、
ホテルのあちこちには中国語表記。


言っておきますが、北海道旅行、ですよ?一応。

これは中国旅行記ではありません

わたくし達も中国にいるような錯覚に陥り、「いやいや、ここは北海道!!」と何度も何度も確認し合いましたけどもw




最終日は曇天の中、昭和新山へ。

写真


いとこのナオミンの背後にある山、これは地震によってある日突然できた山だという。

自由時間にはロープウェイに乗って山頂に行くかクマ牧場に行くかの二択を迫られ、

矢田一族は迷いなくクマ牧場へ。。。


ここではクマにエサをあげられるのだが、
またクマが予想以上にかわいくってかわいくって!!!!



ラスカルがたくさん!!!
写真
写真



わーい!!!プーさんがたくさんいるー♪(≧▽≦)

写真
写真
写真
写真


クマがこーんなにかわいいなんて知らなかったぁ♪
ちゃんと手を振ったり、エサ欲しさに人間みたいに手を合わせて「お願い」ポーズでエサ乞いしたり、
二本足で立ったりする♪♪きゃわゆい♪

だけど、目の前で見ると大迫力で凶暴!!!めっちゃ怖い!!!


しかし、この旅行でみんなのテンションが最も上がり、
最も楽しかったのは、このクマ牧場での30分間だと言っても
過言ではない。w






最後にメロンの試食会で、
薄汚い市場に出向き、デロデロのメロンを立ち食いでほおばりながらお土産屋さん散策。




そして新千歳空港では
ジャガポックルと花畑牧場のナマキャラメルと六花亭のイチゴチョコを購入♪
いとこのムスメたちの買い方がハンパなく大量だったなぁ~♪



そしてセントレアで矢田一族の打ち上げご飯会(笑)
大学生のナオミンはこの翌日からインドネシアに旅立ったとさ。
タフだね~~~~。Bon voyage!!!!



とりあえず、一家ばらばらに暮らしていた我がファミリーも久しぶりに(一人抜かして)集合できたし
静岡に住む末っ子の弟に久しぶりに会えたのは何よりよかったかな!!!



そんな素敵なはじめての北海道旅行(笑)でした。
スポンサーサイト
[ 2009/08/14 23:26 ] 北海道ものがたり♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/157-6b29634d