上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

引っ越し完了&池袋の夜

4月11日。


昨日、無事に引っ越し完了しました。


新居に両親も駆けつけてくれました★


駅のホームに一歩踏み出す瞬間は、
これからの真新しい生活に想いを馳せるひととき。重みがあります。


このようなとき、いったい人は何を思うのでしょうか。
そして私自身は!?
まさか自分にこんな日がふとしたことがきっかけで
訪れるとは、どうして想像できたでしょうか・・・?




しかし・・・
そんなドラマや小説のように哲学をするヒマも余裕もなく、


ただただ荷物が重いーーーーと。。。。
うわあああー荷物が重すぎだーと。。。
文句垂れながら歩いていただけでした。。。。


これからの生活なんてまるで想像つかなかったし、
別に感動的で刺激的な生活になるだろうなんて、想像する余裕すらありませんでした。

私はこの先、何が起こっても、何がどうなっても、
目の前のことを当たり前の日常として消化していくんだろうなと思いました。。。。



そうこうしながら部屋に到着。
家電製品が次々と運び込まれ、引っ越し荷物が順々とやってきます。
そうこうするうちにガスの立会いがあり、
カラッポだった部屋はまたたく間に荷物で雑然。。。。


私以上に父が張り切って掃除をしてくれました。
色んな日用品やマッサージ器も手土産にくれた父・・・。
ちょっと面白かったです。w





ひとしきり部屋を荒らした後は、両親と池袋へ。
25459400_1527368144.jpg

25459400_1039009072.jpg
↑こちらの写真に我が母が紛れてます(笑)探してください。



私はここ1年ぐらい、しょっちゅう池袋に行っているのですが
母は、池袋なんて30年ぶりだーと言ってました。
30年前の池袋・・・ううーん、想像できません。

母は人のあまりの多さに早速参っておりました。
もう人ごみが嫌だ、この街が嫌だ、、、だそうです。
なるほど。私も昔はそんな感想を抱いた気がします。。。。(笑)
だって、中学3年生の修学旅行の感想文が『池袋にて』ですよ?

ちなみに、こんな文章でした。以下↓


゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・
 


池袋の街はとてもにぎやかだ。

パチンコ屋さんのでっかい音。ひび割れスピーカーから漏れる声。
街の色も形もバラバラ。
無駄に高い建物に派手な看板いっぱいつけて,更にギラギラ激しいイルミネーション。
人々の歩く速度も名古屋とは比べものにならず,
これみよがしにズボンをわざわざずりさげて歩くラッパーのような男もいれば,私の恐れるコギャルもいる。(※さっきガン飛ばされて喧嘩売られた。)

この街にはマイペースという言葉は似合わない。
この街はマイペースな私には絶対に合わない!!!!!!!!


……そんな怖~~~い池袋の街を見下ろすかのようにして建つサンシャイン60。
ここの眺めは最高でした!
あのドームが!
あの皇居が!
あの東京タワーが!
一気に見渡せるじゃあ~りませんか!!

う~ん…○○中学のみんなは今頃こんなちっぽけな街を歩いているのか……。


この絶景に見とれながら一休み。
残った時間はずっとここにいました。



゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。゜・*:.。. .。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜・
 




それが今では、どうってことないな。。。。
大人になったということなのか、
大人とは感覚が麻痺することなのか。。。。




今晩は、部屋がぐちゃぐちゃで寝る場所もないので、
父が私と母のために池袋プリンスホテル1泊を引っ越し祝いにプレゼントしてくれました。
(←父は一人帰っていきましたが。)

25459400_2085914135.jpg

25459400_4257524826.jpg



そして池袋プリンスの和食レストランで両親とディナー。

25459400_351024483.jpg


最後の晩餐だと思って食え、と両親。(←勝手に娘を殺す親。。。。(笑))


食事をしながら、

しばらくは色々と大変だと思うが、
そのお前のチャレンジ精神とか行動力は父である自分も
尊敬に値するので、その気持ちが存続する以上がんばれ、と
言ってくれました。

研修所メインの生活になるのだから、
仕事も割り切って働くこと。
貧乏生活も、、、まぁしばらくは割り切ること。と。
困ったらいつでも相談しろ、と。
つくづくいい両親です。
25にもなる娘が、まがりなりにも一家の長女が、
嫁にもいかず、仕事も捨てて、
夢に向かってチャレンジすることを許してくれる両親。
ありがたいことです。


そんな両親に恩返し、いつかできるようになりたいですね。
色々夢や願望は膨らむ一方ですが、
一番の夢は、両親に私を産んでくれてありがとう、といえる自分になることだ。
そう思えた一夜でした。




夕食後、父は帰って行き、私は母と二人で久しぶりにゆっくり過ごしました。











ーーーー翌朝。



25459400_129356880.jpg




ホテルチェックアウト後は母と池袋のサンシャインでショッピング。




その後、家のそばに戻り、便利ツールとなる自転車を買い、
お世話になった不動産屋さんに挨拶に行き、
母とはそこで別れました。
私は自転車でぴゅーっと家までひとっとび。
雑然となったままの部屋に独りぼっちで帰りました。


まだ寂しいとか、これからどうしようとか、
不安や孤独感はまったくないです。



生まれ育った横浜から名古屋に引っ越した少女時代は、
その日の晩に友達や近所のひとたちに会いたくて、
寂しくて寂しくて泣きじゃくっていました。
だけど、名古屋と東京は、あのときに感じていた距離以上に
近い、と思えます。



さて。
夕方になり、オペラ研修所の入所式に出向きました。
これから数年お世話になるはずの建物と街並みを祝福しながら、玄関をくぐりました。
これから数年、お世話になりますの気持ちを込めて♪


式では、先生方の座席に、昔からテレビでよく拝見していたり
学生時代に教材として聞きかじっていたCDの録音で名前を
連ねているいわゆる『オペラ歌手』の大御所の面々がずらーっと
並んでいらっしゃいました。
緊張。。。
そうか、こういう場所に来たのか私。と、改めて思ったのでした。
今更、ひとごとみたいだけどwww




その後、ふらふらっと帰宅。
昨日から散らかしたままの雑然とした部屋のあかりを
ひとりぼっちでつけてみたのですが・・・。

うん、静かだ。


・・・まずは寝床を確保せななー。
そんなわけで、おねむの目をこすりこすり、
最低限自分の布団を敷くスペースだけ雑巾がけをして
そして今に至ります。



以上、新生活2日目でした。
これから大爆睡の予定です。



スポンサーサイト
[ 2009/04/12 23:56 ] 東京暮らし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/18-6caaa7e2