上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私に好かれたらご用心!


上野・東京文化会館へ
友達と一緒に佐渡裕プロデュースオペラ《カルメン》を観に行ってきました。

124619310497416318721.jpg


私の所属する研修所の団体の偉大な先輩方がたくさん出演されてました。
研修所のクラス担任の先生もご出演。一緒に行った友達の師匠も。。。。

カルメン、学生時代に合唱で舞台に立ったことがありますが、
いつ聴いても名曲揃い!魅力的なお話で、オーケストラを聴くだけで血が騒ぎます。


どの曲も大好きですが、今回は特に、魔性の女に危険な恋をしてしまった
不器用で内気な男、ドン・ホセの「花の歌」に泣かされました。



【花の歌】


カルメンが素敵なのはもちろんのこと、
ミカエラの歌もとっても良かったです!!
カルメンはやっぱりすごく好きなオペラだわ。いつか歌いたい。
魔性の女、自由な鳥、危険なジプシー女カルメンをいつか演じたい。
…フランス語がんばらなくちゃ。



ちなみにこれは余談ですが、会場ロビーにて、江原さんと秋川雅史さんと仮屋崎省吾さんを
発見しました。



最近は、
桐朋音大出身の友達に誘われて、桐朋音大のオペラ試演会に行ったり、



今大活躍中のとあるメゾソプラノ歌手の方のソロリサイタルに行ったり、
演奏会を楽しんでおります。

このリサイタルで出会った、
松尾芭蕉の詩によるF.J.ヘルフェルト:「芭蕉の7つの俳句」や、
O.メシアン:「ハラウィ―愛と死の歌」よりシラブルが
とっても良かったです。


これからもいい音楽にたくさんたくさん出会いたいな♪

スポンサーサイト
[ 2009/07/18 12:54 ] オペラ・ミュージカル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/191-050c0151