上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

精神統一にはお茶を飲む

      



 『私には、この緑色にあらゆる自然が表現されているように見える。
目を閉じると、心の中に青々とした山と清らかな水が現れる。
静寂の中、独り座り、このお茶を飲んでいると、
それは私の一部となるように思える。
他人とこのお茶を分かち合うと、彼らもまた、もはや彼ら自身と自然でしかないのだ。』

(千宗室(15代))






5月の頭に数年ぶりの宇治の地に舞い降りてから、早二週間以上が経ちましたわーい(嬉しい顔)




…途中、東に戻っていたので数日すっぽ抜けているのですが冷や汗冷や汗


大変充実した、素晴らしい日々を送っておりますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)クローバー


自分自身のことも、この隠居生活ですごくいい意味で見えてきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)クローバー
敢えて公表しませんが(笑)自分のブレつつあった心もひとつに定まり、
進むべき道もすごくクッキリハッキリとしてきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)



様々なことに関して、自分自身への自信と、周りの方やもの、境遇への感謝の心が沸いてきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
やっと本来の自分に戻ってきた感じです目がハートぴかぴか(新しい)
色々なことが見えてきた今、あとは進むのみですあっかんべーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)







しかし、下山の時期が日々刻々と近付いて参りました泣き顔あせあせ(飛び散る汗)この素晴らしい日々もあと数日…泣き顔泣き顔

寂しいです涙涙





ちなみに冒頭の言葉は、茶道裏千家家元である千宗室の言葉なのですが、私の今いる宇治は、まさにその言葉通りの素晴らしく美しい景色ですわーい(嬉しい顔)るんるん



一年の中で5月がまた最も素晴らしく美しい季節なのだとかわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)



また宇治茶も最高です目がハート



香り高い宇治のお茶をじっくりと味わうと、
まさに自分の心に宇治の自然が広がるような、そんな感じわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


日本人でよかったな~
としみじみ思う瞬間でありますわーい(嬉しい顔)るんるん



四季に恵まれ、お茶の文化があり、このような素晴らしい言葉がある日本は、素敵ですねクローバークローバー



宇治に来てからは、
毎朝4時45分に起床し、22時には眠る毎日。



朝5時にはまだ日の出前、目覚める前の神秘な雰囲気を醸し出す森林を掻き分け、山を登り、

朝食で腹を膨らませる前に、
座禅を組んだり、
お参りをしたり
お経を読んだり、
その後掃除をして、
心を落ち着かせ、身体を動かしてから一日を始める。



一切お酒を飲まず
お菓子も食べず
間食もなく
このカフェイン中毒の私がコーヒーは一切口にせずに緑茶のみで過ごし
腹八分目で玄米や赤米、くわえてノーミート。


胃腸の悪い私が、最近めっきり良くなりましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
乱れた食生活にも終止符クローバー




一日一日がすごく濃く、充実していますが、あっという間に過ぎ去っていきますねクローバーわーい(嬉しい顔)クローバー


でも、朝の時間を生かすと、いつもの何倍もの濃い、素晴らしい一日が過ごせるのです。



私の愛読しているとある本に



『朝の時間を利用するものは一日を生かすのである。毎日朝の時間を利用する者は生涯を生かすのである』


とある。


東の空に輝く若々しき碧空の光は生命に満ち溢れ、無限の生命力が無限の世界からわれわれに降り注いでくる。



この生命力の光を筆にあらわせば詩となり
色彩にあらわせば絵となり
それを声に出せば美しき歌になり
それを生活に表し、人々に相対せば、
それは潤いになり、優しさになる。





…そんな文章を、そのまんま体感しているような感じわーい(嬉しい顔)クローバー




下山してからも、今の生活をまんま日常に生かすことが、今後の目標です目がハートわーい(嬉しい顔)クローバー


がんばるぞー手(グー)ダッシュ(走り出す様)ダッシュ(走り出す様)




ちなみに、先日は生まれて初めて茶摘みをしましたわーい(嬉しい顔)クローバー



まばゆいばかりの若々しい若葉に、みずみずしい生命力を分けてもらいましたわーい(嬉しい顔)クローバークローバー



お茶の天ぷら、最高に美味しかった目がハートクローバークローバー


また、ポップコーン畑(笑)を作る手伝いをするために、鎌で笹を刈りまくったわーい(嬉しい顔)クローバー


笹は固くて、刈るのが大変だったけれど、無我夢中でやった。


土の匂い、葉の香り、土の感触、透明感あふれる清涼な空気、無音だと思っていた世界にカラスやウグイス、スズメの高らかな泣き声が響き渡り、木々のこすれる音や水の流れる音が聞こえ、青空と緑色と土色のコントラスト


五感で筆舌しがたいほどの素晴らしい世界を感じ取り、私もこれを表現できるような、真っ白でからっぽな心を持てるようになりたいと心から願った。



それから、



昨日は時代や空間を超越するような環境の中(例えるならば飛鳥時代やら室町時代ぐらいか…時代ずいぶん飛ぶけどわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗))


写経をした。





書道。
それは本当に素晴らしいひとときであり、道であると心から思う。


(子供の頃は嫌いだったが。)


心静かにスズリで墨を擦る時間。


墨の香り。
あのこすれる音。
和紙の感触。



すべてが和の心であり
瞑想的な時間と心の鎮まる瞬間であり、
最近はコンビニ感覚なものが増えている中、手間隙かけて、墨を擦るという時間にこそ、私は人としてあるべき姿、心を見出だす。




書道は歌の道と心構えは同じである。



書に向き合う時間は、私の歌に向かうべき心を教えてくれる。



書道家であり、詩人である相田みつをさんの作品で、大好きな詩がある。


『筆をもって自分の心の貧しさを知った
筆をもって自分の心の不器用さを知った
筆をもって筆以外に生きる道はないと覚悟した』



『なまけるとアトリエの空気がよどむ
筆をもつと自分の力のなさがよく分かる』


『夢中で仕事をしているときは自分を忘れる
自分を忘れているときの自分が本当の自分で
一番充実して幸せなときだ』



『毎日毎日の足跡がおのずから人生の答を出す。
綺麗な足跡には綺麗な水がたまる』


『コトバと初めて接するという思いで筆をとりたい』
(千回ぐらい繰り返し同じ文字を練習した後の言葉。)



心を正して写経をし、
お経の言葉を書き写すうちに
私の脳裏に浮かぶのは、そのような言葉の断片たちだった。


そうして、満月に雲がかかって曇っているように見えた自分の心のモヤが取れ、くっきりとした満月を取り戻しつつあることを感じた。





『石の上にも三年』という言葉がある。


以前、師匠にレッスン中に怒鳴られた言葉をふと思い出しました。



根気強さ、我慢強さを現代の子たちは全然知らないわね!
あなたは細々とした小さな小さなことを我慢強く積み重ねていく大切を知っていますか?

何時間も正座して耐えられますか?
同じ場所をずっと毎日何度も何度も雑巾がけできますか?
精進料理の板前さんは、ごまを擦るだけの同じ作業を何年も何年も繰り返すのだけれど、あなたにそれが耐えられる?


そういう育ち方をしてないで甘やかされて生きてきて、
夢だけでかい若者が今多過ぎるのよ!!
下積みの大切さを知らないで運だけで行っても、のちのち苦労するだけよ。
それはその道で本物になったとは言えないわ。






ここにいると、
そんな細かいことの積み重ね、そしてその一つ一つに真心をこめて一生懸命やることの大切さを、頭ではなく、身をもって体感する。



私、5月の頭に来たときより、先週より、昨日より、今が一番ずっとずっと一生懸命で真剣に一つ一つをこなして、たくさんのことを得ているぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


斜に構え、
本気出すとかめんどくさい、
と、カッコつけて本気を出していなかった自分はどこかに消え、今は本物の等身大の自分が生き生きしてるわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




そんな私の姿を見たとある方が、
あなたいいものたくさん持ってるから、
一ヶ月~半年ぐらいここに残って、しっかり修行したら??

今若いうちに
こういう小さな積み重ねを得ておくと素晴らしいわよぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
何かを成し遂げるときにも必ず役立つし、またお嫁に行ってからも凄く役に立つわよわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)



と、声をかけて下さったわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
本当にそうだと思うわ。


自然の中で、周りに流されず、しっかりと心落ち着ける時間と場所がある、


祖父母の時代は敗戦後、物はなかったのだろうけれど、このような時間を過ごし、心は豊かだったのだろうな、と思ったわーい(嬉しい顔)クローバー


しかしながら、
残りたい気持ちは山々なのだけれど、実質的に今すぐには不可能なのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


でも長い人生のうちで、必ず実現させたいと思うわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)




また、大変に素晴らしい出会いもあった。
この方は私に様々なことを教えて下さったし、
私自身の在り方、本来の自分の姿を短期間で存分に引き出して下さったわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
大変貴重な出会いだったぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


そのことについては、また次の日記に記そうと思う。




とりあえずまた今から二回目の茶摘みに行くので………クローバークローバークローバークローバークローバークローバー
スポンサーサイト
[ 2011/05/19 14:30 ] 心のふるさと京都♪ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/32-fcde1b8c