上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

~Smile~

photo0000-0335.jpg



ここ数日の私は、ちょっと色々あって気分が少しばかり、曇りがちだった。
私の欲しくないものばかりを、手にしてしまったので。



こう見えてけっこう凹んでいたのだけれど、
(←まぁ、今もその霧の中にいるといえばいる最中だけど。)
それでも、立ち向かって行くしかない!!


でも…。
もうこれ以上私の嫌なところを見せたくなくて、
とある人に対して、絶対に弱音を吐くもんか!!とか、
絶対に甘えない!と決めていた。



そのひとの前では良くも悪くも本音を見せることが出来すぎて、
ワガママとかだらしなさとか、
私の中の数少ないフェミニンな要素wとか、
ネクラさとか、泣き虫な部分ばかりが露呈しまくりで、
バカみたいによく泣くから、
まったく魅力のない、イイトコなしの自分に成り下がりまくりなのが
自分自身もう嫌で嫌で仕方なくて!!



普段好き勝手やってくるくせに、
気弱になったときだけ相手に頼るなんて虫が良すぎるしね。


でも…。
結局そんな自分もすべてその人に見破られてしまって。
結局弱音をぶわあああああっっっと吐いてしまったし、
結局甘えてしまったし、意見に頼ってしまった。


なんだかその人には気付かれていたみたいだ。
私が最近、本音を見せようとしてなかったところを。


勝手に自立?ってかこつけて、
もうこれ以上本音や弱いとこを見せてばかりじゃダメだと、
気付けば心なしか避けていたのかも。


だけどそのひとは、
なんだかんだもっとそういう私を洗いざらい見せてほしいよと言ってくれた。
もっと頼ってと言ってくれた。
口とは裏腹に?なんだかすごい心配もしてくれている・・・。
それどころかいつもと様子が違う私に、色んな心配をかけていたみたい。


もっと他人に対して、
無駄に気を廻してみたり
意地張ったりしないで、もっと素直になろっ!って思った今日この頃。



・・・さてさて。

先日、あたしが夜な夜な目をランランに光らせて、
ホットワイン片手に聴いてるミュージックについて日記に
書き記したばかりですが、



この度は、
その中のまた別のセレクトについてご紹介致します。




ここ最近の自分のように、こころなしかふさぎがちな気分のときに聴くと
すごく温かい羽毛布団にくるまれたみたいな、
優しくて柔らかい気分になれるこの一曲。(←あたしはオールナイトニッポンのラジオパーソナリティかい!)

Smile

http://www.youtube.com/watch?v=McOO_FZnSGQ

゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・


スマイル


ほほえんで 
たとえ心が痛んでも
ほほえんで 
たとえ心砕かれても



空に雲がたちこめるときも
きっと乗り越えていける

怖れや悲しみを感じる時にこそ
君が微笑みさえすれば



ほほえんでごらん 
そうすれば明日にはきっと

君は
人生にはまだまだ価値があると気づくはず


ただ君が
喜びに顔を輝かせれば
過去の悲しい記憶は姿を隠していく



たとえ涙がこぼれ落ちそうになっても
そんな時こそ泣くのをこらえて



ほほんでごらん 
泣いてどうにかなるというのかい?

君は
人生にはまだ価値があるときっと気づくはずだから



ただ君が
心が痛んでも微笑みさえすれば
たとえ心砕かれてもほほえみさえすれば


空に雲がたちこめるときも
きっと乗り越えていけるよ



怖れや悲しみを乗り越えて
君が微笑みさえすれば



ほほえんでごらん 
そして明日にはきっと
君は
人生にはまだ価値があるときっと気づくはずだよ



゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・゚・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:*・✦゚ฺ・*:.。. .。.:*・☪゚ฺ・*:.。. .。.:゚・




はい。
これはスタンダードナンバーでおなじみの『スマイル』ですね。
チャーリーチャップリン主演映画【モダンタイムズ】に使われた曲です。
作詞作曲はチャップリン自身。


うーん。いい曲書くなぁチャップリン・・・



シンプルな言葉で綴っているけれど、
大事なことがズバリ!と本質をついて書かれてるよね。
笑うかどには福来る~とかさ、要はそんなことなんだけど。


それにさ、

空に雲がたちこめるときも、きっと乗り越えていけるよって詞も、
言葉が溢れんばかりの現代社会においては、
ありきたりといえばありきたりで、例えば、




「空に雲がたちこめていても、その上には満月の月がある」
        
             ↓

(たとえ月が欠けていても、それを覆う雲を取っ払ってみれば、
いつも月は満月だということを忘れてはならない=物事の真理、本質を
見極めて、目に見えるものだけに捉われるな)っていう言葉を、
浄土真宗の親鸞さんもお経に書いていたりするんだけど。。。。


そう思うと、国籍や肌の色、血の違いや宗教を超えて、
みんな、望んでいることや欲しいものって結局は同じで、
とってもシンプルでイージーなことなんじゃないのかな。。。って。





夜な夜なこの曲を聴いて、そんな壮大な物思いに耽っている私w





ちなみに。
この『スマイル』は色んな人が歌ってるCDを持っていて
色々聴いているんだけれど、一番のお気に入りはこの動画の
エルビス・コステロの歌。


エルビス・コステロの声は本当にいいね。
夜中に聴いていると、まるであったかーいココアを飲んでいるような
甘さに酔いしれる。まるで綿毛のように柔らかくって優しくて、
包み込んでくれるような温かさとふくよかさ。
映画『ノッティングヒルの恋人』の主題歌【She】も大好きで、
こちらもよく聴いてます。2003年のフジロックで来日したときもめっちゃ嬉しかったわ!


このひとはもう、見た目はギョッとするけど声が素敵すぎる!!



コステロの『スマイル』、なんか数年前のドラマの主題歌だったみたいだけど(観てないけど。)
とにかくいいので、聴いてみてくださいね♪

あと他のおすすめはやっぱり・・・Nat King Coleとチャップリン自身の演奏かなぁ♪やっぱ男性の甘い声って好きだなっ♪♪







・・・声が素敵、と言えば、


私の大好きな歌い手のひとりに、天才ジャズシンガー
エラ・フィッツジェラルドというゴッド姉ちゃんがいます。
(←和田アキ子じゃないよ。)


彼女の歌も本当に素晴らしい。
こちらも夜な夜な、お酒とオリーブ、モッツァレラチーズ、
オイルサーディンやサーモンのカナッペを作って
それらをお供に聴いています。(←そのせいかよく太ってます私。)
彼女のCDも何枚か持っているのですが、オスカーピーターソンとの
ライブ録音はほんとに最高!!!!
古い録音だから、レコード針のびりびりミシミシしてる音も入ってるんだよね。
それがなんともアナログ的で、私をモノトーンの世界に導いてくれる感じがGOOD♪
最高に贅沢な時間です♪



凹んでいるときに思いっきりしんみり浸るときもあるけれど、
最近は元気を出したくて、夜中に聴くのはこの超有名なアップテンポナンバー↓

Mack The Knife High quality

http://www.youtube.com/watch?v=hRyDB4RWJdw&feature=related


エラ・フィッツジェラルドの声はとにかく明るくて、
だけど深みがあって・・・いいなぁこんな演奏できたら♪ってとにかく
憧れてしまうひと!!!!かなり過酷な人生を歩んできた人なのに、
声はからっと晴れやかで明るくて、人生の闇を引きずってない感じがする。
それどころか、人に光を与えるような声。

いいなぁ。めちゃめちゃ素敵!!!!!







・・・そんなこんなで。
最近、ボイトレの大学生の軽音部の生徒さんから、
誰がいい声で誰がうまいのか分からなくなったからオススメ教えてくれと
言われたので、



そんなん言われるとキリないし、
パッと思いつかなかったので、




とりあえずこの二人を推しといたwww




あとパッと思いつくとこで誰かいるかねー?

一応有名どころでビリージョエルやクラプトン聴いたり、
日本人でオススメは?とか言われるから、大御所レベルで
井上陽水と尾崎紀世彦と尾崎豊は聞いておこう!と勧めたが。。。


渋っ!!!!!!!!!!!!!!!www
ようこそ昭和ワールドへ。









…気を取り直して、最後に私の好きなエラの曲をお送りして
今日のところはお別れしましょう。それではさよなら~~!!


Ella Fitzgerald - I've Got A Crush On You

http://www.youtube.com/watch?v=OPlrbbzX4eg&feature=related



スポンサーサイト
[ 2011/03/07 21:47 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/55-381d6c75