上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EGO-WRAPPIN'とレトロとモダンジャズ


子供の頃から、妙に寝る時間がもったいなくて、
いつも無駄に夜更かしをしていた私
小学、中学時代からすでに夜行性で、
みんなが寝てる時間にもっと色々できるんじゃないかという変な焦りがあり、
とにかく無意味に起きていました。
基本的に常に睡眠時間が足りていない子だった。
(←でも当時はマジメな子だったので、夜遊びとかじゃないです(笑)
机に向かって何か書いていたり、音楽聴いてましたねー)



習慣化とは恐ろしいもので、大人になった今も、
未だに私はそうなのです。
夜中になると無意味にテンションあがる私であります。



来る夜。「さぁここからは私一人の時間♪」なんつって
部屋を暗くしアロマランプの小さな明かりひとつだけに。
ホットワイン片手にひとり黙々と物思いに浸っているのは相変わらず。
おかげで日頃疲れがとれることはないです。
(←別に病んでませんから!!!)


だけど。

夜のとばりが降りる時間は
気分のスカーっと晴れる、天気のいいお昼下がりとは違う感性が目覚める感じで、
やっぱり嫌いじゃないんですよね~~~。



・・・その際のお供のBGMとして、
ミッドナイトにクラシック音楽をチョイスすることは
最近はあんまりなくなりました。
なんだか、職業柄?といいますか、頭が冴えてしまうから。
学生時代は、ワイン飲みながらバッハの『マタイ受難曲』
ヘンデルのオラトリオを聴くと
ほろ酔いも手伝って音楽の色香が匂いたち、めちゃくちゃ立体的な音と幻想的な気分に包まれ、居心地が良くてやっておりましたが、



今じゃ日中クラシックを練習してボロクソに言われ(笑)
それを夜まで引きずりたくありません!!!!


夜中はやっぱりソウルやジャズがいいな♪



毎日色々聴きますが、
ここ最近は和製ジャズバンド、EGO-WRAPPIN’の気分です♪♪



EGO-WRAPPIN’は昔から大好きなアーティストです♪
スモーキーでアンニュイな雰囲気の【かつて・・・】なんて
最高にしびれます!!!!
カラフルでポップでキャンディッシュ?な【Crazy Fruits】
聴いてるだけで楽しい気持ちになるし、シャレオツで大好き~~~♪♪

この人たち、去年フジロックに出演していたので、
会場に全日出没していたわたくしとしては、めちゃくちゃ観たかったです。
だけど・・・会場になったオレンジコートのステージがあまりに遠すぎたのと時間が合わずで断念。残念。
ライブ・・・観に行きたい・・・。


そして。
最近のお気に入りはなんといっても
【PARANOIA】


夜中にこんな若干狂気じみてる音楽を聴いてホロ酔い、なんて、
私もそろそろ危ないかしら????




しかし、
こういうメンへラ?気質のテイストも、大好きなんですよね~。



モードさを感じる反面、
レトロなアンティーク臭もたっぷり。
オールディーズでありながらも、ナウい
(←この言い方が既に死語とか言わないでw)



なんだろう、このチグハグで危険な魅力。(笑)




ムード歌謡、ジャズ喫茶、うたごえ喫茶、キャバレー。。。。


Jazzy&日本離れした雰囲気を持ちながら、
ここらへんの、昭和カルチャーのワードがこうまでハマるアーティストも、そうそういない。


古臭~く懐かしい匂いのする木造の家、
絨毯にソファのモダンな応接間、蓄音機、写真機、
レコード針、白黒テレビ、FMラジオ、ちゃぶ台、鉄腕アトム、
チロリン村、月光仮面、東京オリンピック、アメリカベースキャンプ、
資生堂パーラー、パーマ屋さん、新幹線開通、東京タワー建設、
大阪万博、太陽の塔、こんにちわ赤ちゃん、上を向いて歩こう
チキンラーメン、マーブルチョコレート、電気ブラン、
ダッコちゃん人形、フランス人形、キューピーちゃん、
ザ。ドリフターズ、長谷川町子、ザ・プラターズのオンリーユー
エルヴィス・プレスリー、ザ・ピーナッツの恋のバカンス、
坂本九、ザ・ワイルドワンズ、加山雄三、美空ひばり、バナナワニ園、
笠置シズ子の東京ブギウギ、クレイジーキャッツ、若いってすばらしい、
銭湯、駄菓子屋、戦後の紙芝居屋さん、珈琲牛乳、ラムネ、
貸しレコード屋さん、グランドピアノにサックス、、、、
ジャズ、ブギウギ、スタンダード、シャンソン、スキャット、歌謡曲



昭和30~40年代の高度経済成長時の文化って
和製らしさとヨーロッパのアールヌーボーやアールデコ
そしてアメリカ文化が見事に融合しており、
独自のカルチャーを生み出している。なんだか、色っぽい。



そして、他にはないモードな色彩感を持ちながら、
その全てが色あせたセピア色のフィルターを通して」みえる、というところ。



私の思う昭和文化って、
そしてEGO-WRAPPIN'の音楽って、そんな感じです。



パリの場末のBARにも合うかと思いきや、
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の昭和なBGMとして使われても全然違和感ない。
むしろ後者の方がしっくり来るかも、ね。



昭和30年代って、
ちょうどうちの母の生まれた時代で、
私が誕生するのはもっともっと後世なので想像するしかない世界なのですが、

私のイメージとしては、

敗戦後で、物資がまだまだ普及しきれず、
人が人と協力し合っていた時代で、
アナログな世の中。
今に比べたら不便かもしれないけれど、
みんなでひとつのテレビで力道山の相撲観戦したり、
皇太子殿下の結婚セレモニーを見たり、野球観戦したり、
人と人との繋がりが濃く、人々が温かく優しく熱かった時代!!!!!!



そして文化人パイオニアたる人もたくさんいて、
異国の音楽や映画、スポーツやアートを楽しむ人もたくさん出てきた。
新しいものがどんどん日本に入ってきて、どんどん人々が活気付いてきた熱い時代!!!



・・・そんなうちのハハは未だに昭和ノスタルジー浸ってて、
よく昭和の本とか写真集とか雑貨とか買い集めてるし、
博物館も昔から連れていかれたりするけれど、
私の「昭和好き」ってそんな母親の影響を多分に受けているのだと思います。




話は戻りますが、
EGO-WRAPPIN’の音楽は、
ミュシャやクリムトなどの絵画に代表されるようなアールヌーヴォー的
色彩
や、アメリカのニューオリンズで発祥したスウィングジャズ
ビーバップ、ハードバップ、スカやブギウギなど、
そこらへんの雰囲気を持ちつつも、

やはりそれらのカルチャーにリアルタイムで憧れ、触れていた日本人たちの、
昭和時代のフィルターを通し
フュージョンした、“異国情緒風”昭和歌謡
っていう感じがどうっっっっっっしても拭えないんです!!!!





この「色彩のブルース」も最高よね~。


これはワインというより、
ブランデーと落花生が手元に欲しいですね!!!
電気ブランのロックがあったら
指で氷かき回して、最高に酔いしれたい!!!!!
よく渋い、と言われますが、電気ブラン、好きなんです。(笑)



そして、このひとたちの曲って
歌詞までもが色彩豊かで、まるで日本語とは思えないような、
物凄ーくアーティスティックな世界観なんですよ。



        昨日の夢 オレンジ色の翳り
        今日の夢 沈黙の気配示す
        アルコールの川をゆっくり渡る
        長靴のリズム心でかわしましょう

        鉛の指から流れ落ちるメロディ
        激しく染める 光の渦
        あかりの色が奏でるブルース
        やさしく泣いてる吐息に 甘えさせて・・・




いやぁ~。素敵です。
オレンジ色のかげりって。なんて詩的なの!!!!





こういう曲って、ボイトレの生徒さんたちも
よくチャレンジしたがるんですが、
きちっとした生活をしてる人にはなかなか醸し出せない雰囲気がありますよね。(笑)
皆さんなかなか苦戦しているので、
このわたくしめがワンポイントアドバイス!!!




飲みすぎた翌朝に、二日酔いの頭抱えて、
口の中もカラカラ、ノドもガラガラ、
化粧落とさず寝てしまったあとの虚無感や後悔、、、
そんな瞬間のアンニュイなため息、みたいなかんじw
隣にゲロがあったときの脱力感もあれば最高ww

(←はーい呼んだ?それって私のこと??)


そんなあなたみたいな健康的な息遣いじゃないのよ~~~~~~??
レッツ!イマジン!!!!




・・・すると。


あんまりお酒飲まないし、飲んでも悪酔いする前に自分でセーブするんですよねー。



・・・ですって。






確かに、投げやり、自暴自棄な雰囲気とか
だだくさ感とか、全く感じられない彼女。
さぞ、部屋も綺麗にきっちり整理整頓して、
身なりも綺麗に整えていらっしゃるのでしょう。



・・・反対にこんなわたくし、師匠に以前


あなたの歌を聞いていると
タンスは開けっ放し、
本は出しっぱなし、カーテン半開き、
食べたものは食べっぱなし、ストッキングの穴は空いたまま、
そんなぐちゃぐちゃな状態で踊ってたりしてない?
歌にそういうのが出てる

と、叱られたことがあります。


・・・否定できなかった自分がいました。


確かに、ゴミの山にうずもれても、
髪ボサボサでも、関係ないやい!!!
それがステイタスじゃ!!!!みたいな節も、なきにしもあらず。
(←どんなステイタスだよ・・・)

クラシックはそんな人間じゃ歌えない、
きちっと型にハマッてソフィスティケートされたジャンルの音楽なのです。



・・・・わたくし、人間としてのジャンルが紛れもなく、こちら側(だだくさ)なんだろうな~


確かに、大学時代の友達の前でカラオケでこのひとたちの歌を歌ったら、
オペラを歌ったとき以上に絶賛され、
この系統を極めてーーーー!!!と大推薦されてしまったばかりでなく(笑)
カラオケ採点全国ランキングで全国1位になってしまった私。(笑)





いい加減、本当の自分を出せるジャンルに解放させてあげたほうがいいのかしら??涙




・・・好きなこと、やりたいことと
似合うこと、合うことって違うのよね。。。。(涙)



その典型的パターンにハマっているわたくし。。。。


・・・最後のほう、何が言いたいのかよくわからんけど、
まぁ真夜中のテンションなので許してくださいw



まぁまぁ、とにかく素敵なんです。
EGO-WRAPPIN'ぜひ聴いてみてください。





追伸:この日記、いかにもEGO-WRAPPIN'さんが自暴自棄的でだだくさで
だらしがない、と言ってるみたいですが、全くそういう意味ではありませんのであしからず(笑)^^;

ところでだだくさって岐阜弁でしたっけ??汗





スポンサーサイト
[ 2011/03/03 03:18 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/57-f4a84d44