上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オペラ「ウリッセの帰還」

研修所のOB OG先輩たちの出演された
デビューオペラ《ウリッセの帰還》を観にいきました♪


http://www.nikikai.net/lineup/ulisse/index.html

モンテヴェルディなどのバロックオペラは本当に神秘的で、
和声の響きが絶妙ですね。古楽の独特の温かみとセンチメンタリズムがあります。

ストーリーも哲学的、神話的で、
子供の頃にギリシア神話を初めて読んだときのような
遥か遠くの時空を超えた風を感じます。
どっぷりと不思議な世界観に惹きこまれました♪


でも、古典であればあるほどテクニック的には難しいんですよね。。。
シンプルに純粋な響きでなければいけない。
過剰な力みや感情の吐露は必要ないんです。
ただただ何の不純物もない、透明でなければならない。

古典を歌っているときほど「心を無にする」「瞑想」状態が必要な気がします。



だからこそ、あれだけ人間技とは思えない、
神秘的な響きが生まれるのでしょうね。


[ウリッセ動画]

私にもそんな歌が歌える日が来るのかな???
スポンサーサイト
[ 2009/06/05 23:25 ] オペラ・ミュージカル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/686-40418d7f