上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蝶々夫人


上野・東京文化会館に
二期会公演のオペラ『蝶々夫人』のGP見学に行って参りました!!!


いつ見ても・・・・不憫で泣ける!!!!!




イタリア人による、日本とアメリカを舞台にした悲恋オペラ。
そのため、アメリカ国歌の旋律や、日本の音階を用いられたりして
異国情緒溢れる雰囲気のオペラなんです。もちろん着物だし。


日本人女性がぜひとも歌いたいオペラ、ですね。


ミナト X2にオンナのいるタイプの色男アメリカ人海軍士官のピンカートン。
対して、どこまでも純粋で誠実で可憐な蝶々さん。

ピンカートンなんて戻ってくるわきゃないのに、
いつまでも純粋に待ち続ける蝶々さんのいじらしさには
ついつい感情移入してしまい、涙・涙です。
第2幕の一点の迷いもなく「あの方は戻ってくるわ!!!」と信じて歌う
ある晴れた日に・・・あんな最後が待ってるとも知らずに・・・切ないです。



舞台もまるで浮世絵のような色鮮やかな色彩でまるで夢のよう。
繊細な蝶々さんの表現も、とっても胸に響きました!!!



もちろん最後まで観たかったのですが・・・
今日は夜からバロックダンスの授業があったため断念T_T



途中で大慌てで西新宿へと向かいました。




そして
バロックダンスの授業。


中世に王族たちによって踊られていた「メヌエット」などのダンスです。
オペラでよく使われるので・・・四苦八苦しながらも楽しく受講。



そうして今から西新宿発の夜行バスに乗って研修で4泊5日大阪へ行って参ります。
今日はなんだかハードスケジュール!!!!!




約2週間ぶりの大阪です!!!
前回は新幹線での移動だったため、夜行バスでの東京←→大阪は初体験。
体力持つかなァ。。。。。ってなわけで、今は都庁前のデニーズで時間をつぶしております。
ドキドキするなァ。。。。。
スポンサーサイト
[ 2009/10/08 22:07 ] オペラ・ミュージカル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/726-7b5bc6fa