上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オペラ『オテロ』無事終了!

今年に入ってから、1月からず~~~っと音楽漬けの日々を送っております



オペラ研修所に行けばモーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』『コジ・ファン・トュッテ』の稽古。
ソロの本番ではかなり時間がなくて、ノイローゼになりそうなぐらい(笑)追い詰められ、
ある日は代々木公園のど真ん中で大声で練習する、という奇行&開き直りっぷり^^;
そして代々木上原の「東京衣装」さんで衣装の採寸を行ってもらいにいったのが、つかの間の休憩時間、という感じ。


それと並行して、毎日のようにヴェルディのオペラ『オテロ』の稽古がありました。




2月は更に、オペラX10000・・・・な毎日。
一日のほとんどをオペラに費やしました。
寒い日々、長時間の稽古。先輩方も最初はとても厳しく、
時間やスケジュール管理、体調管理、すべてにおいて些細なことに大変気を遣いました。
ああ…今更ながら、これがプロの現場なんだな、と実感。
途中、体調を崩したり、膀胱炎になったので産婦人科に通院したりして、どうなるかとも思いましたが、
四苦八苦しながらもなんとか復活。
寒い冬、一人暮らしの体調不良はほんとに辛かったな~~~。
稽古場は人が多いし乾燥してるし、拘束時間長いしね。
でも、それらすべてを乗り越え、東京に出てこないと知れなかったことをたくさんたくさん学び、意識が変わりました。
色々と精神的にもきつかったけれど、
本番が近付くにつれてだんだん楽しくなってきました。

先輩たちや仲間たちとも打ち解けられるようになってきて、とっても和やか☆


本番までの10日間は毎日10時間近く、ずっと上野・東京文化会館にこもりきり。



そうして迎えた東京二期会のオペラ公演「オテロ」。

フォト
フォト


先日、千秋楽を無事に迎えることができました。

イタリア人の指揮者の方の作りだす音楽は本当に素晴らしく情熱的で、
音楽の素晴らしさに心底感動したし、いろんな場面でご活躍をされている方と知り合いになることができ、
仲良くしていただいたし、現場の様子を勉強させていただいたことも
本当に貴重な体験でした。
終わりに近づくにつれて、なんだか寂しかったな。





2月の思い出は、ほんとにこれしかないのです。

だからこそ…ブログを更新する間もmixiもできませんでした。。。。



毎日が、緊張感と拘束と気遣いと音楽と歌。
稽古場と、上野と、家。



遊びにも行かなかったし、
アルバイトもできなかったし、
家に帰ってやることと言えば、お弁当を必死に作ることくらい。
会場でメイクをするので、いつもすっぴん登校?だったしw


寒ーい2月の日々。
インフルエンザの猛威に怯えながらも、他の何物にも代えがたい、新鮮で素晴らしい日々でした。










Thanks a lot!


Satomi Yada

スポンサーサイト
[ 2010/02/24 17:54 ] 演奏会報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/834-34e24eb1