上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪パーソナルカラー検定♪






本日、パーソナルカラー検定の3級を受けてきました。



筆記試験!!となると
中学時代からアドレナリンが出まくりの私。
久々に燃えました!!



一ヶ月前から勉強を始め、
過去問のみに頼らずテキストを丸々暗記して挑んだため、
困る問題は一問もなく、スラスラ解けました。



とにかくテキストを何度も読み込み、書きまくって覚えたので、
フランス語やドイツ語、イタリア語の歌詞を20ページ暗譜するのと比べてどんだけ簡単なんだ〜〜!!とw
おかげさまですんなり頭に入りました。



歌の暗譜が無理だと普段散々喚いているので、
さぞ頭が弱いのだろうと思われていると思いますが、
こう見えて私、意外にも中学・高校時代は『暗記の鬼』だったんです(笑)



今回は久しぶりに、その頃を思い出して勉強する楽しさ&快感があったな〜♪
ドーパミンだかアドレナリンの大放出ですね☆
マークシートがズレたりしてなかったら、かなり手応えアリじゃないかな♪
最近、外国語に頭を抱え続ける日々に、昔に比べて脳みそがスポンジみたいにスカスカになってしまったことを
とても悲観していたのですが(笑)まだまだ暗記!いける!!!意外とまだ、イケる!!!



パーソナルカラー。


とても興味深い勉強でした。


時代と共に歩む色彩の歴史。


推古天皇の時代の冠位十二階の色味から始まり、


きらびやかな貴族の雅が花開く平安時代。
(十二単など。)



絢爛豪華な黄金の栄華を誇る戦国時代
(伊達政宗の『伊達好み』と言われる時代)


一方で、
室町・千利休の『わびさび』が美とされる時代。


江戸の町人の紺瑠璃、藍染めなどから
歌舞伎から生まれた『粋な』茶・鼠。



歴史の中で、こんなにも色と社会が関わり合って時は進んでいったのだと改めて感動を覚えました。


『和』の心。
とても惹かれます。
特に『わびさび』なんかは、日本人にしか分からない、風呂敷文化ならではの魂、なのではないでしょうか。



また、
西洋のファッションの歴史。


古代エジプトの神秘
ギリシャ・ローマの優雅
ゲルマンの質実剛健
バロックの豪華
ロココの優美
19世紀の機能美に至るまで


マリーアントワネットから、オートクチュール、プレタポルテ、クリスチャン・ディオールまで、

それは
絵画の歴史、音楽の歴史と全く同じ道をたどっており、大変に興味深いものでした。



そして、
エレガントなコーディネート配色の仕方
モダンでシャープでドラマチックなコーディネートの仕方、

ブライダルの歴史やブライダルコーディネートのコツ。

自分に合った色彩の配色や場に適したコーディネート、
雰囲気やムードを出すときにより効果的な配色など



時には色彩理論や
光の仕組み、視覚の構造など、生態学的なことも



そのどれもが、自分の血肉となり世界が広がっていったのでした♪




中でも、
色の繊細で細かい種類分けをすべて暗記したことがとても大きな収穫です♪

もともと色彩に興味があったため、

旧blogにも6年前から何度か書いているのですが、色彩に対する表現の幅が広がったことがとても嬉しいのです。


↓旧blogより6年前の日記(当時まだ学生でした。。。)↓
春の宵
http://saty33.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
♪ART♪
http://saty33.blog.fc2.com/blog-entry-2.html



歌を歌うとき、
美しい詩や文学の中には繊細な色や香り、花や自然が描かれていることが多いのですが、
それらを繊細に表現し、演じ分け、イメージするときの助けになります。

また絵画などを観たとき、
古典を読むとき、
百人一首をするとき等でも
ドレスやアクセサリー、ファッションなどでも、より自由にこだわることが出来そう!?




やっぱり私は音楽でも勉強でも、
合否云々よりも、そこに至るまでの過程が好き☆



合格発表は来月ですが、これからも色々チャレンジしながら、
最終的には一つの窓から自分自身を眺められるような。。。。。
そんな過程を辿りたいな!?

今はまだ、試行錯誤の時期。(笑)
スポンサーサイト
[ 2012/02/20 19:55 ] パーソナルカラー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/864-dcfc3721