上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブックカフェ@Brooklyn Parlor


















最近入り浸りのカフェがこちら。
新宿マルイアネックスの地下にあります「ブルックリン・パーラー」。

http://www.brooklynparlor.co.jp/
↑HPもオシャレなのでぜひご覧下さい。




このカフェのコンセプトである
「人生における優雅で無駄なもの、全部。」

料理、音楽、雑誌、本が充実している、
こだわりのブックカフェでございます。

本や雑誌にもこだわりがあり、
わたくしの敬愛する建築家のル・コルビュジエや安藤忠雄さんなどなどのちょっぴりマニアックな書物があったり、
大好きな画家マティス、ゴッホ、クレーなどの
画集や本があったり、
カポーティやデュマ・フィス、フィッツジェラルドから
村上春樹、森鴎外などなど小説があったり、
雰囲気の良い写真集や
ワインやコーヒー、お料理の本が並んでいたり、、、、

夜な夜なジャズのウッドベースの音に心地よくなりながら、
ワインに酔いしれ、
お気に入りの本を探す。。。。という日々。

職場から近いので、ついつい寄ってしまうんですよねー♪


ここに集う人々もとても雰囲気が良く、
色んなバックボーンやドラマのある方が多そうなので、
人間観察もいとおかし。


今夜は、日本でも有名なジャズDJ・リミキサーの須永辰緒さんの
DJイベントがあるとのことで、行ってみました!!

(わたくし、須永さんのCDも何枚か持っておりますので!!)

DJルームがすぐ隣で、本をぱらぱらめぐりながら、ウィスキーのロックやワインを煽って
須永Jazzワールドに浸ればそこはまさにもう。。。。

時代も雰囲気も違うけれど、ある意味
昔のジャズ喫茶の気分。です(笑)


まさに、村上春樹の小説に出てくる、陰気な文学少年の世界ではないか!!!



…ってなわけで、村上春樹さんの小説「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を
読みつつ、ル・コルビュジエの写真集やマティスの画集をサイドメニューに、
須永ワールドを楽しみました。


ちょっとしゃれおつな気分になります。ここ、ブルックリン・パーラ―。
スポンサーサイト
[ 2011/02/27 18:27 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/884-075115a0