上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奇跡のリンゴのカルヴァドス


恵比寿駅から徒歩1分。
地下1階にある隠れ家的なBAR Odin(バー・オーディン)。


シックで落ち着いた重厚感のある趣。
いかにもバー、という雰囲気のバー。
店内は薄暗く、700以上ものこだわりの銘酒が並び、店内には優しく滑らかに
Norah Jonesがかかり、ゆったりとした時間の流れを演出する。


私はこの場所に行きつけだという人物に連れていってもらい、
心ゆくまで濃密な時間を楽しんだ。







りんごのブランデー『カルヴァドス』

カルヴァドス (Calvados) とは、フランスのノルマンディー地方で造られる、林檎を原料とする
19世紀の蒸留酒。この地域以外で作られる同様の蒸留酒がカルヴァドスを名乗ることはでき無いのだという。
(それ以外はアップル・ブランデー(リンゴの焼いた酒)と呼ばれ、区別されているブランデーなのだとか。)


「この木村秋則さんの奇跡のリンゴでカクテルを作ります。」
クールな雰囲気のマスターがカウンターの奥から、赤くたわわに実った美味しそうなリンゴと本を取りだした。

kisekiapple.jpg




木村秋則さん。
http://www.akinorikimura.net/
テレビでもおなじみ。史上初・無農薬・無施肥のりんごの栽培に成功したという農家の方。
最初の7年はまったく実がならなかった。極貧を極めた。
それでも土は良くなっていると信じて果敢に挑戦を続けた。
8年目でようやく1万円分のりんごを収穫することができた。

今ではたくさんの実がなり、そして無農薬・無施肥のりんごには害虫が一切寄りつかない、という
奇跡のりんごを生み出しているという。

このBAR ODINのマスターは、テレビで話題になる20年以上も前から、
こだわってこちらのりんごを注文しているのだ、ということ。
そして現在、このりんごを購入しようと思うと10年待ちだとのことだ。



奇跡のリンゴで作られたカルヴァドスはとても濃厚でフルーティで、
体の奥まで甘い果汁と栄養分が染みわたるようだった。



そして、マスターはとてもこだわりの方で、
本場の銘酒を求めて世界中を渡り歩き、
スコッチウィスキーの蒸留を体験しにスコットランドへ訪れたり、
ワインの本場・ボルドーやブルゴーニュのぶどう園でたわわなぶどうに囲まれて
収穫している写真をとくと見せていただいた。


とても心ときめく、楽しいひとときを提供してくださった。
また機会があれば、ぜひ美味しいお酒を味わいに訪れたい。




追伸:
あとから分かったことだが、このお店。なんと俳優の辰巳卓郎さんも御用達だとか!!

スポンサーサイト
[ 2011/03/04 23:55 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/894-f5c423fa