上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪着付のお稽古♪







先月から、着付のお稽古に通っております。





学生の頃から、
日本人で生まれたからには、外国文化ばかりに目を向けるのではなく、
日本文化・和の心に触れ、しっかりと自分のものにしたいな、という思いはあったのですが、


(むしろ自国を知らない人間が外国の芸術なんてやる必要はないと思っていたのですが)
なかなか重い腰が上がらず。。。。



そうこうするうちに、
着物を強制的に着なくてはいけない状況に追い込まれ、何も知らなかった私が、ヤバイヨヤバイヨ~!!と焦り始めたのが二年前。


二期会のオペラ研修所の二年目のときに、
和モノのオペラをやらなくてはならず、
毎回授業で浴衣や着物を着用で稽古をしなくてはいけなかったのです。




まったく無知な私は、
あたふたしているうちに、研修所では更に!
日舞の授業も始まってしまいました。



最初はまったくのお手上げ状態で、
友達や先生に着付けてもらっていたのですが、
そんなことばっかりしているわけにも行かず・・・・・。
友達に聞いたり、YouTube動画を見たりしながら(笑)、
見よう見真似でなんとか自力で浴衣を着られるようにはなりましたf^_^;



今から思えばグチャグチャでしたけど(*_*)
しかし、着られただけ、大進歩です。



とはいえ、
そのとき先生方に散々言われ、
自分でもつくづく痛感したのが、



「日本人オペラ歌手として、これから世界へ羽ばたくときに、自国の文化を知らず、自国の着物すら着れないとは何事だ!!」

ということ。




誇りを持って外国の文化を日本に伝えると同時に、
日本の文化を外国に伝える媒体にならなくてはいけない存在なのに、
私は自分の国のことを何もシラナイし、デキナイ。


そんな焦りと、より深く学ぶ必要性を、大学生の頃よりもうんと高く、感じたのでした。




研修所では、様々な邦物オペラを勉強しました。



「修善寺物語」
「夕鶴」(「鶴の恩返し」のオペラ)、
そして、今をときめく青島広志さんの東京芸大時代の作品で、遠藤周作さんの小説を題材にした「黄金の国」などです。



私は遠藤周作さんの絶版になった、ふるーい原作をネットで中古で取り寄せて読み、
江戸時代の天草の乱の頃の長崎,キリシタン弾圧・殉教をテーマにした「黄金の国」の世界を演じました。
(おばさん役ですが…。)





しかしそのときの、もどかしいことと言ったら!!



複雑な音、難解な日本語を歌うのみならず、
限られた音楽の小節の中で、着物をさばいたり、美しく動かなくてはならないという…。




草履の脱ぎ方から座り方、
立ち方などの所作まで、
しかも年輩の役でこなさなくてはならない、ということは、かなり至難の技で、


上っ面な取り繕いだけでなく、
長期的な研究、勉強の必要性をつくづく感じたのでした。。。。




そんなこんなであっという間にそれから二年が経ち、
ようやく期が熟したのと?
とあるきっかけがあったことで、


「まずは着物をきちんと着られるようになりたい!!!!!!!!」




ということで、通っているのです、着付教室。




それに、メゾソプラノ歌手には
オペラ「蝶々夫人」の女中スズキ役で、着物を着て、美しい花の二重唱を歌う機会がある!!!!!!!!!!!!!!!!!!



より良いスズキになるために、少しでも励みたいのです。





……しかし・・・・・。






む・難しい!!!!!!!!!!!



どちらかと言うと、
もともとの性質が、奥ゆかしい大和撫子というには程遠く、
開放的なラテン民族のような気質がある私(笑)



洋服も着込むより脱ぎたいし、
慎ましい風呂敷文化なんかより脱ぎたいし(笑)
重ね着するより露出したいし(笑)


そんな私が、着物なんて…。(涙)



もちろん、二年前の必死な自分なりの努力もむなしく、着方なんて殆ど忘れてました(*_*)


大体が、自己流だったしね。



着物の名称もワケわからんし、
何をどうするかサッパリわからんし、
無駄に着込むし、
手間かかるし
めんどくさいし、


昔の日本人ってなんでこんなにめんどくさいことしてたのー!!!!(T_T)




とか、



あかん……。
ワケわからん……。
着物が嫌いになりそうや…。

あたし、着物着る素質皆無だわ(*_*)



とか、


なんだかんだ、
ツラかったり大変なときもありながら、声楽のレッスンが10年以上続いているということは、私は
歌うことは向いていたのだな、
着付なんてソッコー挫折しそうだものね、


とか、最初はぶつくさ文句ばっかり垂れていたのですが、


負けず嫌いの私は、
悔しくて悔しくて、最近毎日家に帰ると練習がてら、
着物を着るようにしていました。



すると、だいぶ概要が掴め、
やるべきことがわかってきたし、
感覚も掴めてきつつあるし、
慣れてきました。



最初は一度着るのに1時間以上かかっていたのですが、
だんだん早くなり…




今では、着付のお稽古がとても分かるようになり、
まだまだ上手とは言えませんが、
新しいことを学んだり、
コツを掴んだり、
疑問を解決したり、
間違えを教えてもらったり、



そういうことが楽しくて仕方ないです(笑)




今では飲み会もキャンセルして着付のお稽古に走る私(笑)



もっと綺麗に着付けられるようになりたい!!!!

もっともっと美しく装えるようになりたい!!!!!

色々な着物をもっと着てみたい!!!!!!!

着物を身近に感じたい!!!!!!!!!!

着物を着て、もっとその先の、様々なことを身につけたいし楽しみたい!!!




どんどん欲が出てくる毎日です(笑)



目下、目先の私の目標は、
何十年もタンスの肥やしとなり、眠っていた祖母が母のために仕立ててくれた着物を自分で綺麗に着て、祖父母に会いに行くことです☆☆


着物を着たい!!
なんて、我が人生で歌がなければ思いもしなかったでしょう。
そう思うと、歌はやはり私の視野を広げてくれ、人生をより豊かにしてくれる、とても重要なものだと、改めて思います。


引き続き、着付、がんばります。
スポンサーサイト
[ 2012/03/30 20:34 ] お稽古など | TB(0) | CM(2)

お久しぶり☆

FOVつながりでお世話になってたまいです。

実は私も今着付を習ってるんだ~。
しかしまぁ、難しすぎて2回目のレッスンにして挫折気味(^o^;

でも聖美ちゃんの日記見てちょっとやる気取り戻した(笑)

私も、祖母が母のために仕立てた着物を着た姿を、祖母に見せるのが夢なんだ♪

お互い頑張ろうね☆
[ 2012/03/31 20:09 ] [ 編集 ]

まいちゃん♪

お久しぶり~(^O^)/
blog読んでくれてたんだね☆
ありがとう!!!!!
とっても嬉しいです♪♪

コメントもありがとう!(^^)!
そしてまいちゃんも着付を習っているなんて、なんて偶然!!
嬉しいよ~~☆☆

私も最初の数回は挫折してたよ(*_*)
お太鼓結ぶのとか…大変だよね。
後ろに手が回らないし…。お稽古の日は憂鬱だったし…。
でも嫌だけど毎日家で練習してたら(間違ってたり出来なくても)
慣れてきたし様になってきたよ!!!

私は着付の免許をとって師範になりたい!!!なんていう素晴らしい熱意はナイので中途半端になりそうだけど、
まいちゃんはぜひぜひ目指しちゃって下さいな☆☆

お互い頑張っておばあさんに着物姿をみせましょ♪


またコメント待ってるね☆
[ 2012/04/03 22:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chatotone.blog.fc2.com/tb.php/943-bd20c54f